スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.07.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

トマス・アクィナスの神学大全とルドルフ・シュタイナー思想の相違点 ── 「 転生 」 の問題

 
「 トマス・アクィナスの神学大全 スンマ:Summa theologiae 」



アナロギア:比例、類比、類似(性) トマス・アクィナスの言葉
 これは、スウェーデンボルグの 照応(反映)と同じ意味の言葉と言えます。
 霊界に存在している事物の照応が、現世に存在している自然界(と人間)の形容に類似性を見いだすこと。
 レオナルド・ダ・ヴィンチは、「類比」と言う言葉を用いて表現 していますが、意味合いは、アナロギアと同じと言えます。
 例えば、人間の身体をめぐる血管と類比している自然界の事物には、山脈から流れ出てくる川の支流から本流、あるいは、植物の葉の葉脈、樹木の根など、造形や働きが、類比しています。
 
存在のアナロギア:無限なる神の存在と有限なる被造物の存在との間で成り立つ比例法則。
 自然界の宇宙に存在される被造物を超越して存在させるいかなるものにも存在しない被造物の原因(霊界)される「在る=神」との関係を言います。

 神:無限の存在 = 本質の存在 被造物 : 有限の存在

 プラトンの命題「本質によるものは、分有によるものの原因」

 神学大全(スコラ哲学)と言うと仰々しい小難しさを想像しますが、思考原理は、至って簡単で、小学校の子供たちがよくする問答形式と言えます。
 証明方法は、算数や理科と同じく、弁証法や演繹法の文章化と言えます。
 四則演算の代わりにアナロギアをもとに神学(霊学)を発展させていきます。 また、神から与えられている認識能力の「理性」に基づきながら理性を超える恩恵 ( = 恩寵:グラチア ) の「信仰」の話しを展開します。

 例えば、目に見える一個のリンゴの実体と存在は、取って、食べて初めて理性的に認識できます。
 取って、食べるまでは、リンゴとして見えていても、実際には、リンゴではないかも知れない。 しかし、リンゴの存在は、目で見えた時点で「リンゴ」だと認識します。 目に見えない世界の存在と実体を証明することは、目に見えようと見えまいと、そこに「ある」ことにおいては、信仰と同じで、リンゴの実体を享受するのは、取って、食べない限り、実際にリンゴか、どうか、わかりません。

 信仰を裏付けるのは、目に見えない霊界が、在ると信じて認識することと、「取って、食べる」行ないと言えます。 その味わいは、五感の個人にもよりますが、霊界自体の良し悪しにも関係します(霊界の状態は、その人の状態と関係します)。
 自然神学(哲学的神学)と啓示神学は、言葉によって展開されます。 聖書(サクラ・スクリプトラ)の聖なる教え(サクラ・ドクトリーナ)は、こうして証明(論拠)され、成立します。

神の知:人間が、神について知りうること。
 限りなく神が、有している知と、一致すること。理性によって得られる神の知と啓示を通して得られる神の知は、超自然的な神の知と言われ「恩恵」を意味します。
 「恩恵」は、信仰そのものです。
 啓示神学は、神の恩恵の上に成り立ちます。 この世に人間が生まれてくる時、生まれることを決断した記憶は、ありません。 科学的に自然発生でありますが、自然そのものを神の恩恵と考えるならば、宇宙の森羅万象は、神の恩恵となります。

 神の知は、信仰によって自らの意志をもって決断するところから第二の「誕生」が始まります。
 神の啓示を受けるか否かは、各自の責任となります。
 受け入れた者には、「永遠の生命」が、約束され、
 拒絶した者には、「永劫の拒絶」(永遠の死)が、課せられます。
 啓示された神の知を真理として受け取る根底には、既に何らかの方法で神を知っているからに他なりません。

信仰のアナロギア:存在のアナロギアがあるがゆえに成り立ちます。
 神と人間との間に成り立つ関係であり、どちらかの一方的な関係ではありません。
 「神の知」を与える神と、真理として受け取るか、拒絶するか、決断を迫られる人間との間に成り立つ受け答えの関係です。
 これを比喩的に “ 愛のキャッチボール ” と言えます。
 人間が、勝手に造り上げた神でもなければ、神が、人間をロボットや奴隷の如く造ったのでもありません。
 自由意志と言う価値判断を神のに姿に比例して選択の余地を既に与えられていることは、啓示神学の根底を成しています。

自然理性による「神の知」:自然神学、第一階の土台
  啓示と信仰による「神の知」:啓示神学、第二階の土台

 信仰は、理性を土台としますが、理性を否定することなく、理性を超える「神の知」を受け取るがゆえに、理性の及ばない高い次元から理性を照らします。
 
『 完全なる神の知 』は、天国=神の本質を直観することにおいて、
「 顔と顔とを合わせて 」 神を見る時にはじめて理解します。

 その時、永遠なる「神の知」が、霊魂となった人にすべて流入し、人間の完全なる救済の完成となります。
 神が有する知と神について人間が、有する知は、完全に一致します。
 神と人が、一致することは、結婚の奥義・秘儀と比例します。

神を直観する至福なる者(聖人)たちは、神を通して「神の知」を見ます。神そのものになるのではなく、神の栄光の光を反映(反射)させます。 神の内にあり、神の写し、鑑(かがみ)、として、似た者となります。


神論・人間論・キリスト論の三部構成

 第一部:神を中心に人間は、神から「出てくる者」として考察される。始まりのみなもと。

 第二部:人間を中心に神は、人間が「戻ってゆく者」として考察される。終局。

 第三部:人間が神に戻る道=人間なるキリストなる神=人間を神のもとに連れ戻すためにそそがれる恩恵。

  キリスト教 と ルドルフ・シュタイナー人智学 との大きな相違点は、まず 輪廻転生の 有 無 と言う点で、 聖書では、輪廻転生がない と、はっきり否定しています。 仏教の創始者 仏陀(釈迦)でさえも、 『 復活はある 』 と言った けれども、 『 輪廻転生はある 』 とは言わなかった。 なぜなら、釈迦族は、古代イスラエル民族の失われた十支族だった可能性が、非常に高いからで、その歴史的証拠は、多数残されています。

「超古代フリーメーソンにして絶対神の預言者 釈迦」(ダイジェスト版)


 公開日: 2013/04/02 2013.05.02 飛鳥昭雄 エクストリームサイエンス USTREAM生放送決定!第1部「飛鳥ゼミナールIX」第2部「アポロ計画の真相と­月面エイリアン(仮)」詳しくは http://enbanya.jp/ustream
 ****************************************
 2013年03月収録 円盤屋 新DVD4タイトル 好評販売中!古代ユダヤと天皇家/イエス・キリスト/最新宇宙論/飛鳥ゼミナールVI­II 詳しくは http://enbanya.jp/newdvd
 ****************************************
 2012年11月収録「超古代フリーメーソンにして絶対神の預言者 釈迦」DVDについて
 詳しくは http://enbanya.jp/dvd/?pid=51747505
 Amazonでも販売中 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0...
 円盤屋で好評販売中の飛鳥昭雄エクストリームサイエンスDVD
 ダイジェスト一覧はこちら
 http://enbanya.jp/digest/list.php

■ 収録内容:釈迦、そして仏教のレゾンデートルが解き明かされる(レゾンデートル:存在理由)
 失われた10支族の末裔であり、古代セムメーソンであった釈迦。釈迦はイエスの雛形。釈迦は絶対神の存在を知っていた。釈迦を導いた梵天 ブラフマー。釈迦はシャンバラに入ったのか。シャンバラより現れるヴィシュヌの化身カルキ。釈迦の予言 
 「仏教は必要でなくなる時が来る」
 収録時間:81分52秒 収録日:2012年11月17日(土)


ルドルフ・シュタイナー [RUDOLF STEINER] (1861-1925) ,彼の思想
 クロアチアクラリュベックに生まれ、スイス・ドルナッハで没した。ウィーン大学哲学科を卒業、1897年ドイツ神智学協会加入。

・1908年、『神秘主義としてのキリスト教』−イエズスの言葉と生涯とを異端的に解釈、他宗教に対するキリスト教の優越性を説きました。
 ブラヴァッキーの後継者ベサントと対立し、神智学協会を追われました。
 1913年、人智学協会新設し、ドルナッハにゲーテアヌムを設立。 多方面にわたる文化芸術活動の拠点となりました。

・超自然の精神世界の宇宙的叡智の獲得には、天上の存在と力にまで自らを高めなくてはならない。
 見えざる超感覚的世界にあって、地上にある四つの段階に対応しています。
 それは、「鉱物、植物、動物、人間」です。
 高次の知識を得るためには、「内的浄化、自己制御、正しい生活」が、本質であり、唯一の指導者は、キリストです。

・個人の発展は、 エーテル体、アストラル体 となって浄化されます。
 霊界に入る度に自我は、精神的ヒエラルキー ( 天使位階、天界のヒエラルキー 『 天上階序論 』 を著述したのは、「 聖ドニ=聖ディオニシウス・アレオパギタ 」 です。 ) 的異端解釈の過程で7つの段階があり、シンボル的に惑星と一致します。 自我は、新しい直観力を得て転生します。 シュタイナーの論ずる 転生 は、誤謬 です。  “ 輪廻転生 ” と言う思想は、悪魔によって考案された悪魔側の思想です。


新・旧聖書の教えやカトリックの教義、霊的戒めによれば、自ら能動的に霊界に入ることを禁じています。 また、精神的ヒエラルキー7つの段階とは、チャクラやカバラのセフィロトの考えにも類似しており非常に危険な行為です。
 繰り返し言及しますが、聖書や預言者、イエズスの言葉、カトリックの神秘家、ヴィジョナリーによれば、 『 転生はない 』 と断言しています。 しかし、肉体を伴った 『 復活 』 は、 「 最後の審判=公審判 」 にあります。 仏教を説いた 釈迦(仏陀) も、 「 復活はある 」 と言ったのであって、 「 輪廻転生がある 」 と言ったのではありません



【 参考文献 】
バルバロ神父訳「聖書」(講談社)
世界の名著「トマス・アクィナス」/山田晶翻訳(中央公論社)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:Joanne del apocalypse
▼URL「大警告」&「ヨハネの黙示録」
http://lifesavior.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






  

スポンサーサイト

  • 2017.07.03 Monday
  • -
  • 13:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


最近の記事

categories

recent comment

  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    baramado (05/31)
  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    GIMONari (04/12)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    baramado (07/09)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    ベルナデッタ京藤洋子 (07/01)

links

profile

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM