日本国民は見逃すな!2016年12月29日付、日銀を国有化するチャンス、アメリカから完全独立する機会を見逃すな!イルミナティ内部(悪と善)の分裂 ─ 世界の支配層が変わっている! ─ 2017年1月以降、911事件などの逮捕で大激変か?

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。

 2017年1月1日現在、『 大警告 』 は、到来していません。 株の大暴落、通貨金融危機、核による第三次世界大戦も未然に防がれました。 2016年末に到来するだろうとされたいくつかの預言を信じていた人々へ、回心し、預言に縛られないようにしてください。 もしも、聖書巻末に記録された 「 ヨハネの黙示録 」 が、本当は、最初から改竄されていたとしたら、別の誰かによって、原書発見の翻訳時に改竄され、「 666 」 の数字も獣も龍も悪魔崇拝をしているブラック・イルミナティ、シオニストユダヤ人の脚本( 筋書き )で、キリスト教徒の信仰に擦り込みを施すものだとしたら、人類の歴史を陰で、操作する道しるべだとしたら、彼らシオニストユダヤ人が、是が非でも、「 ハルマゲドン 」 を、ハザール・マフィア、ブラック・イルミナティを使って成就させようと、計画しているのだとしたら、それは、「 神の御旨 」 ではありません。 必ず人類が、人種を超えてお互い協力し、この謀略を阻止しなければなりません。 イスラエル国家を仲間外れにして、核ミサイルのボタンを押させ、「 ハルマゲドン 」 を引き起こさせようとする悪魔の計画を止めさせなければなりません。 中東全体を平和に導くことが何より大切です。


ジョージ・ソロスは本当に死んだのか?新情報と真相
【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/01/16


  2017/01/16 に公開



1月15日 オバマがイスラエルに仕掛けるハルマゲドンの陰謀
参考:カレイドスコープ Sat.2016.12.31

第三次世界大戦の時限爆弾を仕掛けてホワイトハウスを去っていくオバマ


( 要点抜粋 )
【 オバマ政権の 8年間は、
「 第三次世界大戦の引き金をイスラエルに引かせるための外交政策を、ひたすら展開してきた政権である 」

 バラク・オバマと国務長官のジョン・ケリーは、国連の協力を得て、今度こそ本当に第三次世界大戦の起爆装置を国際社会に埋め込んで政権を去っていく。 来年1月15日、フランスが主導する
中東和平会議 」 がパリで開催されます。 それは、和平への道のりを、さらに険しいものにするだけでなく、追い詰められたイスラエルに核のボタンを押させることにつながっていくでしょう。 バラク・オバマは、今、まさに、彼の 8年に及ぶ在任期間において最悪の決断を下しました。 12月23日、国連安全保障理事会は 安保理決議2334号を採択 しました。 これは、ヨルダン川西岸と東エルサレムでイスラエルが進める入植地建設を違法であるとするだけでなく、近い将来、イスラエル国家の分割につながる国連決議です。 それは、第三次世界大戦の導火線に、今度こそ火が点けられるかもしれないことを意味するからです。 オバマ政権は、その本意を悟られないよう慎重に演技しながらも、いよいよハルマゲドンの道筋を用意したことによって、彼の政権の正体を露わしたのです。
 「 次期大統領の立場に反するようなアジェンダを推進すると述べるなど、政権移行の精神ではない 」 と、ドナルド・トランプ氏の国家安全保障アドバイザーは、大統領選投票日の一週間前、オバマ政権を強く批判しました。 トランプ氏は、任期残すところ 3週間のオバマに対して、イスラエルとパレスチナとの間の紛争を煽るようなことを中止して、速やかに紛争回避のための方策を取るよう警告しました。

 プーチン氏もイスラエルのネタニヤフ氏も、バチカンと国際金融資本家たちが、聖書の預言( 実は預言ではなく世界破滅への計画書 ) に書かれていることを世界中の信者たちに恐怖心を与えながら刷り込むことによって、世界最終戦争に導こうとしていることを熟知しています。 これは、神道・仏教の日本では、まったく理解されませんが、現実に西側の超富裕層たちが、避難のための大深度地下施設の建設を急いでいる ことから、彼らの精神と思考が、いかにアブラハムの三大宗教に支配されているかが 分かろうというものです。

 次期大統領ドナルド・トランプ氏は、国連安保理決議2334号の決議を受け入れることを明確に拒否しました。 これは アメリカ史上最悪のイスラエルに対する米国の裏切り であり、イスラエルのネタニヤフ首相によれば、オバマ政権は これをかなり前から、周到に計画 していたということです。
 ネタニヤフ首相のスポークスマン・デイビッド・キースは、 「 率直に言って、われわれは、国際的な情報源とアラブ世界の情報源から、オバマ政権が この国連決議を採択させるために、巧みに国連に働きかけていたという揺るぎない事実を掴んでいる 」 と述べました。 ・・・・ 】

 ( 抜粋参考:カレイドスコープ 「 1月15日 オバマがイスラエルに仕掛けるハルマゲドンの陰謀 」 )

聖書の預言( 実は預言ではなく世界破滅への計画書 ) に書かれていることを世界中の信者たちに恐怖心を与えながら刷り込む ─ 世界最終戦争 「 ハルマゲドン 」を企てている悪魔崇拝の超富裕支配者・王侯貴族層
 
 『 死海写本( 死海文書 ) 』 の発見:1947年以降、死海の北西(ヨルダン川西岸地区)にあるヒルベト・クムラン( Khirbet Qumran :英語 ) 遺跡周辺で発見された 972 の写本群の総称。 死海写本を記したグループは、エッセネ派クムラン教団とされ、洗礼者聖ヨハネと聖主イエズス・キリストの出身母体、思想源泉とも言われている。 おそらく、聖主イエズス・キリストの弟子たちによる一部共同体だったのかも知れない。 これには、まだ正式に公表されていない聖書の黙示録的写本が存在する。 少なくとも、シリア(ロシア)、ヨルダン、イスラエル、アメリカは、当時の原写本を確認していた。 発見当時の写本を購入した聖マルコ修道院の院長で、シリア正教会の大主教だったアタナシウス・イェシュア・サミュエル (Athanasius Yeshue Samuel) 師 と ヘブライ大学考古学教授エレアザル・スケーニク (Eleazer Sukenik) 氏 と ビンヤミン・マザール (Benjamin Mazar) 氏 も購入、アメリカ・オリエント学研究所 ( American Schools of Oriental Research, ASOR ) の研究者だったジョン・トレヴァー ( John C. Trever ) 氏は、アタナシウス師の持つ写本を撮影、この後、イスラエルは、最初の七つの写本を全て入手することに成功、また、第11洞窟から出た 『 神殿の巻物 』 を回収し、さらに、イスラエルは、1967年の第三次中東戦争の後で、ヨルダン政府の考古学博物館にあった死海文書を回収したのち、イスラエル博物館内に新設された「 死海写本館 」 ( Shrine of the Book ) に移した。
 
 死海写本の出版が、遅々として進まず公にされないのは、カトリック教会(バチカン)の陰謀が絡んでいるとされ、翻訳刊行されたのは、1995年以降〜2009年まで続く。 死海写本は、また、『 ダヴィンチ・コード 』 の原案にもなった。 中でも重要な写本は、共同体の規則( 宗規要覧 )、戦いの書(1QM、ミルハマー)、新しいエルサレムに関するテキスト、銅の巻物 (3Q15) だと思われます。 現在の聖書の 「 ヨハネの黙示録 」 と明らかに違っているのではないか? と、推測されるからです。
 エッセネ派のルーツは、紀元前1370年頃のエジプトまで遡り、当時、1人の長の元に、いつくかの職能集団が集まって大きな秘密結社を作っていた職能集団のひとつがエッセネ派だとされる。
 エッセネ派には、厳しい修行や瞑想などにより、超人的なパワーと未来を見通す予言能力を身につけた者もいたとされる。

 彼らによると、「 光の子 」 と 「 闇の子 」 の( 霊的な ) 最終戦争が起こり、人類は 大厄災に見舞われるが、その時、2人の救世主が現れるという。 「 アロンのメシア 」 と 「 イスラエルのメシア 」 である。 一説によれば、「 アロンのメシア 」 は、クムラン教団の末裔から現れて、もう1人の 「 イスラエルのメシア 」 は、失われたイスラエル10支族の末裔( 日本人? ) から現れると伝えられている。
 バーバリアン・イルミナティ ( グノーシス派イルミナティのことか? ) の原始母体は、エッセネ派、あるいは、イエズス・キリストの教え( 聖体の秘蹟の教義 [ ドグマ ] を除く )を忠実に守る弟子のひとりではないだろうか? それにしても、ナグ・ハマディ写本( 新約聖書外典 )に酷似した内容の文体であり、また、ナグ・ハマディ写本は、キリスト教グノーシス派の原資料として重要な写本でもある。


 Google と イスラエル博物館とが共同で進める 「 死海文書 」 のデジタル化計画にともない、2011年からネット上で全文公開が開始されているが、果たして、全て本物かどうか疑わしい? 自分たちに不利益となる部分の単語やセンテンス、文章の一部は、改竄されれていると見たほうが無難だろう。

 ( 参考文献:トカナウキペディア



ベンジャミン・フルフォード
小和田恒 スイスで軟禁か!2016年12月29日



 2016/12/29 に公開
 小和田恒 スイス軟禁の実態【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/29

 真の日本独立のチャンスが到来、日本円を発行する権利を日本国民が、奪い返すチャンスが 今あるが、1月20日までに動かなければならない。 日本の官僚と国会議員は、二度と来ないこのチャンスに動け。 わらないなら具体的現実的方法をベンジャミン・フルフォード氏が教えます。 国際権力に空白ができている。 日本政府が公明正大に公開して、日本円を発行する権利を得なければ、こののち、日本は、中国の植民地になるだろう。



中丸薫 311の真相もあきらかになる!日本も新しい潮流へ!


 2016/12/21 に公開

 世界の潮流が、変わる、プーチン氏は、世界大戦を3回止めた人です。
 戦争屋、カザールマフィアに従ってはならない。
 TPPとは、国家の上に君臨する大企業、多国籍企業、国際金融企業の思惑・謀略を破棄すべき。
 日本の政治家は、小沢氏が今後有望。
 世界の有識者は、カザール・マフィアのロックフェラーににらまれてきた小沢氏に期待している。
 311の真実を暴露すべき時期、日本再占領計画の挫折。
 NHKを含め、メジャーのマスコミを見て鵜呑みに信じては いけない。



ベンジャミン・フルフォード 世界の支配層が変わっている!
家非常事態対策委員会 朝堂院大覚 2016年12月22日



 2016/12/23 に公開
 ビル・ゲイツ軽井沢別荘の真相【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/22
 ビッグ・トップ ニュース:
 ペンタゴン情報によると、デイヴィッド・ロックフェラー、ナサニエル・ロスチャイルド、ローマ・カトリック教会 オプス・ディのエチェベリア司教が、3人とも先週殺された。 ─ 未確認。 13血筋の支配に対する革命が、欧米で起きている。 (グ)ノーシス・イルミナティ(バーバリアン・イルミナティのことか?)が本格的に革命活動を開始したと言う情報が入ってきた。 現段階で信憑性が、高い、1月以降さらに、変化があるだろう。



ベンジャミン・フルフォード氏 &
レオ・ザガミ氏( イルミナティ最高幹部の 1人 )対談



 2016/12/15 に公開
 イルミナティの中にも対立があり、レオ・ザガミ氏は、ハルマゲドンを起こして大量虐殺をするという計画に反対し、一時、追放され、家族とも隔離され、拘束されたのだそうです。 その後、その追放を企てたグループが、失脚して 自分は イルミナティの元の座に戻ったのだそうです。 そして ザガミ氏のグループが 映画「天使と悪魔」のアドバイザーなのだそうです。


トランプ大統領誕生後の世界の動き
【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/12

 2016/12/12 に公開

 要人が南極に行っている - 南極での秘密会議
 ロシア正教会のキリルが会議に招かれた
 スカルアンドボーズのケリー国務長官が大統領選挙中に呼び出されて行った
 「 これから、ノーシス派イルミナティが政権をとる、トランプを認めろ 」
 アメリカを裏で支配していた人々から、アメリカが 独立したと言う事

 多数の逮捕者がでるだろう
 隠されたハイテクが発表されるだろう
 IS&戦争のマッチポンプをやっているのは、ネオコンと NWO ( ロスチャイルド、ロックフェラー )だ
 世界支配層の政権交代 ─
 核による第三次世界大戦を回避して、 NWO と違う世界政府の樹立
 ノルウェーの南極基地にある温水の湖 ─ トンネルで入れる
 第二次世界大戦敗戦間近、ドイツの潜水艦で、千人の科学者と2,400人の美女を送りこんだ、ハイテク技術を温存して開発継続、その後、アメリカの軍産複合体と連携して、秘密ハイテク部門を設立。
 6,000以上の封印されたパテントがある。 円盤、反重力装置(重力を無くす装置)など。

 [ PS. 参考 ]
 イギリスのEU離脱から続く一連の出来事のリンク(つながり)
 イギリスのEU離脱 ─ EUが、空中分解をしていく過程の最初のドミノ
 イギリスを実質的に支配しているロスチャイルドなどのハザールマフィアらは、
 「 EU残留 」 の方向で国民投票の結果を不正操作しようとしていた。 しかし、
 誤魔化せないほどに多くの国民が、「 EU離脱 」 に投票したため、彼らは
 革命や市民暴動の発生を恐れて 「 イギリスのEU残留 」 工作を断念した。
 国民投票では、イギリス国民の72% が 「 EU離脱 」 に票を投じ、
 出口調査などの結果を加味すると、「 EU離脱 」の本当の支持率は 81% だったとされる。
 フランスでも革命の気運が高まっている。 連日にわたり大規模な反政府デモが行われ、
 民衆がかなり暴徒化しており、フランス当局は、デモの鎮圧にお手上げ状態。
 Brexit( イギリスの欧州連合離脱 )は Frexit( フランスの離脱 ) へと続いていくだろう。
 オランダ、ハンガリー、ギリシャ、などの国々でも 「 EU離脱 」 ─ EU崩壊の始まり

 ハザールマフィアらが管理する欧米経済圏が、アジア諸国などに対して 「 債務の不払い 」 を
 長期的に続けてきたことが原因 ─ ロスチャイルド一族筋の情報によると、
 ヨーロッパ最大の投資銀行を営むドイツ銀行( Deutsche Bank )も既に中国資本の手に渡った模様。
 近い将来、欧米の他の大手銀行もそうせざるを得なくなり、この事態をめぐって、ロスチャイルド
 一族の間でも大分裂が生じているそうだ。

 ハザールマフィアらが、所有するメディア、マスコミ各社の報道の嘘、情報操作、プロパガンダ
 ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプ氏の支持率が拮抗していることになっていたが、
 それは、あり得ない。
 アメリカの世論調査で 「 マスコミを信用している 」 と答えた国民はたったの 20%、
 「 政治家を信用している 」 と答えた国民は わずか 9%
 「 軍を信用している 」と答えた国民は 73%だった。
 ハザールマフィアのネット管理体制に組み込まれたグーグルなどが、こうした不都合な世論調査の結果を
 ネットから削除していた模様。

 アメリカ海軍と中国海軍とが過去最大の共同軍事演習をフィリピン沖で行った理由は、
 ペンタゴン筋によると、この米中共同軍事演習を実施した真の目的は、ハザールマフィアら ( ロスチャイルド、ロックフェラー、ブッシュなど ) が、インドネシアの金(ゴールド)を海外に持ち出すために使う潜水艦基地を攻撃するためだったとされる。

 http://www.mirror.co.uk/news/world-news/chinese-warships-join-forces-massive-8255107

 アメリカ軍(制服組)
 最高位のジョセフ・ダンフォード氏が、統合参謀本部議長就任後に初めて国連で演説をした。
 ここで彼は、国連や世界各国との連携の必要性を唱え、米軍が 戦争などの破壊的な軍事活動ではなく、
 平和維持に従事する組織へと生まれ変わることを宣言している。

 https://usun.state.gov/remarks/7340

 本格的にハザールマフィア支配の崩壊が始まった。

(グ) ノーシス派イルミナティ と 白龍会内部の情報源によれば、事態が適切に取り扱われれば、最終的に起きることとしては、欧州諸国が ロシアを含む広範囲でより大きく、緩やかで 自由な同盟・ユニオンを築くということ。

 ( 参考:http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/eu )




ヒラリー逃亡 !? 9.11 の真犯人
( ブッシュ & ハザールマフィア )
トランプ新大統領着任後、9.11 事件の再調査を行う、
ヒラリー逮捕に FBI と ペンタゴン、ロシアの情報機関
も協力して大量逮捕が始まるか?


 ヒラリー・クリントン( と 夫のビル )が、逃亡計画を練っていたことは、11月8日の米・大統領選の投票日前からアメリカの多くのブロガーたちの間で 「 噂 」 になっていた。 事実、彼女は、敗北宣言を述べた後、行方知れず。 大統領選に敗北することを覚悟して計画していた ─ すでに、約 1,900 億円の莫大な資金は、カタールに送金完了している。 他の資産は、ロスチャイルドのスイスの金融機関( タックスヘイブン )に預けてある。
 ヒラリーが、国務長官時代、アメリカの極秘情報を敵方に売り渡して巨額の報酬を得ていたことは、隠せない事実。
 ヒラリーもビルも、ロスチャイルドの犯罪組織のエージェントとして、アメリカだけでなく、ロシアの破壊にも手を染めていたスパイだった。
 FBI と ペンタゴン は、ヒラリー逮捕に本腰を入れている。
 ヒラリーが 逮捕されれば、夫のビルとともに終身刑は 免れないだろう。
 CIAとは、ある種の確執が生じている ─ CIA内部の愛国グループ VS 国際金融マフィアに操られたCIA
 
 トランプ氏は、ヒラリーとの公開ディベートで、 「 私が 大統領になったとき、あなた ( ヒラリー ) の悪事を暴くよう特任の捜査チーム設置して、必ず牢屋に入れるだろう 」 と言明。

 CIA は、組織の過去のオゾマシイ犯罪の数々を隠蔽したいから、ヒラリーの逃亡を助けるだけでなく、トランプ氏の暗殺さえ企てるだろう。
 トランプ氏の暗殺を防いで、9.11 事件の真相を暴き、ブッシュ一味を刑務所へ。

 電通の家宅捜索 ─ 電通が、スパイ(CIA)の温床になっている 国際金融マフィアの広告代理店
 広告を出す企業の表に出せない資金を海外に移すクライアント・サービスを組織的にやっていた!?

 フリーメーソンのモルモン教徒が誤謬に誘導 ─ モルモン教は、もろ CIA につながっている。
 

 「 ワシントンの新世界秩序 」 と、ロスチャイルドら( 背後に英国王室・ヨーロッパ諸侯貴族 )ユダヤ貴族による世界の私物化=グローバリズムをツールにして世界政府を樹立しようとする 「 世界支配層 ( 主軸は、国際金融マフィア ) の新世界秩序 ( NWO ) 」とは、似て 非なるものである。

 ワシントンの新世界秩序:アメリカという国家の国益を守るための世界秩序であり、新世界秩序 ( NWO ) は、国境を持たない人々 ( 主に ハザール・ユダヤ ) によって、その国の政府を次々と内部から破壊し、あらゆる資源( 金融資源、天然資源、労働資源、サイバー空間上のあらゆる資源、知的情報資源 )を略奪しようとしている多国籍企業&国際金融機関( = ハザール・マフィア ) が、名付けた奴隷化制度の 「 新世界秩序 ( 全人類家畜化計画 ) 」 である。
 世界支配層の民兵( 傭兵 )に過ぎない CIA 、それと連携している西側の情報機関は、国家を超越した国籍をもたない組織
 世界支配層( 主軸は、国際金融マフィア )の新世界秩序 ( NWO ) には、元来 国境という概念がない

 トランプ氏は、オバマ や ヒラリー と違って、戦争経済によって 支配層をますます豊かにするネオコンの従来の戦争ビジネスモデルが、アメリカを衰退に導いてきたことを遠回しに批判している。
 戦争 ( 増税 ) より、減税によって 中間層を復活させて、市場を活性化させることによって、アメリカ経済を立て直すことを有権者への公約に掲げている。


ネオコン( Neo-Conservative movement )
 キリスト教原理主義者、福音派をバックに付けた保守的な運動、アメリカ国内のキリスト教原理主義者。
 ネオコン運動( Neo-Conservative movement ) を展開している “ 敬虔なクリスチャン ” の特徴は、現代イスラエルが、聖書の預言の成就をみなければならない、という信念を通して、イスラエルを総合的に支援していこうという考え方が付随している。 ヨハネの黙示録の能動的成就によって、キリストの再臨を早めようとしている。 アメリカは、何が何でもイスラエルを支援し続けなければならない、と キリスト教原理主義者は 考えている。 ブッシュ政権のネオコンは、福音派を取り込んで 中東戦争を引き起こす宗教的根拠として利用してきた。
 ペンタゴンは、終末論をかざす大統領には、非常に警戒している。

 ( 参考:カレイドスコープ「 ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ 」 Sun.2016.11.13 )




10月サプライズ : 第三次世界大戦は、起きない、
パニックをあおるハザール・マフィアの逮捕間近!?


ベンジャミン・フルフォード 世界平和と豊かな生活が始まる!
2016年10月27日 JRPテレビ



 2016/10/28 に公開
 ウィキリークスが、ヒラリーのバックにいる「 ロスチャイルド 」とのメールのやりとりを暴露
 クリントン財団の多くの犯罪が、暴露されている
 アメリカ合衆国が、二重人格のようになっている
 大手マスコミの91%は、反トランプ、ネットの世論調査で87%トランプ支持、ヒラリー支持10%台
 ヒラリーの裏のグループが、( 不正選挙方法を駆使して )命をかけて大統領選を勝たせようとしている
 対抗して、アメリカ軍( ペンタゴン )と NSA・CIA の軍産複合体が、反ロスチャイルドに行動している
 ロスチャイルドが、中国政府にアメリカと戦争を始めるように仕掛けている
 ロスチャイルドが、中国に「日本を差し上げます」とオファーしている
 中国に覇権を渡しますから、ヒラリーを勝たせてくださいと工作している
 ( ロスチャイルド=ハザール・マフィア=ブラック・イルミナティ=グローバル・エリート )
 中国で第三次世界大戦を煽っている者たちは、ロスチャイルド、ハザール・マフィアの手先
 戦争屋( ロスチャイルド、ハザールマフィア )に騙されてはならない
 ( NSAによれば、現在命令系統変わった、安倍首相に命令しているのは、中国の習近平である )
 安倍首相と政府は、ハザール・マフィアの手下になっている
 日本の貯蓄( 国民・農林・郵便 )財産が、さらに盗まれる
 麻生太郎大臣が、日本の水道を全部、外国のハゲタカに売り渡すと言っている。
 とんでもない事、水道料金が、急に10倍高くなって、しかも、化学薬品が入れられるから、
 そんなことやる政府は、御免だと、言わなければならない。
 えせ警察が、ジャーナリストをいじめている - 殺人を調べない警察、上層部が腐っている
 犯罪をしているのは、安倍首相とバックにいるハザールマフィアである
 世界的にロスチャイルド、ハザール・マフィアを引きずり下ろすキャンペーンが始まっている
 ヒラリーは、ロスチャイルドと結託して大統領になるためのあらゆる手段を使っている
 日本のマスコミは、ヒラリーが 世論調査で有利、トランプは、悪い奴、ヒラリーが勝つと宣伝
 しているが、アメリカ国内では、トランプが イベントをやると大勢来る、
 ヒラリーの場合 本人出ない、ヒラリーのイベントに人が来ない、不人気。
 マスコミを操作しているのは、ハザール・マフィア(ブッシュ、ロスチャイルド、ロックフェラー)
 戦争を始めてはならない。
 グローバル・エリート( ハザール・マフィア、ユダヤ・マフィア:麻薬マフィア -
 麻薬を牛耳っている。 麻薬独占のために大麻を麻薬に入れた刑法は、ハザール・マフィアの工作 )




 2016/10/15 に公開
 ホワイト・ドラゴン会による特別番組



フルフォード 10/17,2016:ハザールマフィアの敗北が確実に見えている


2016/10/20 に公開(嗚呼、悲しいではないか!より抜粋)
核戦争の空脅しににもかかわらず、徒党の引きずり降ろしが続いているので、ヒラリー・クリントンは隠れている。
世界の出来事は明らかに今後数週間で、ある種の大きな転換点に向かっている。続いていることは世界権力支配を争う二大派閥が金融システムの支配、つまりは人類が将来やることを決定するプロセスの支配のための、生き残りをかけた戦いの最終ラウンドに入っていると言うことである。
一人の候補(ヒラリー)が脱落するので選挙はキャンセルになる。
米国内で権力闘争は荒れ狂っていることは明白である。
大統領オバマは辞任、
トランプは勝ち、彼は大量逮捕を始め、そして誰もそれを止めることはないだろう。
クリントン家に対する殺人訴訟の殺到が準備されており、この犯罪家族は、ブッシュ/ロックフェラー仲間と共に引き摺り下ろされると、CIA情報源は言っている。
クリントン家とその仲間のギャングは、選挙を中止させ、大量殺人に対する裁判と法罰を回避する口実としてEMP電磁パルス兵器攻撃を使おうとしていることは、ほぼ間違いが無い。 問題は、それをロシアの所為にするか、宇宙気候変動にするかを決めかねているようである。
牢獄を免れる為の意図的な大量殺人テロ事件を使うことはできないと、国防総省とその機関の情報源は認めている。
首相官邸に近い情報源は、まもなく始める戦争犯罪裁判の聴取のために米国へ送られる準備のために、300人のハザール暴徒とその手先が逮捕され、米軍基地に連れて行かれたと話している。





スポンサーサイト

  • 2017.09.25 Monday
  • -
  • 17:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

最近の記事

categories

recent comment

  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    baramado (05/31)
  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    GIMONari (04/12)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    baramado (07/09)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    ベルナデッタ京藤洋子 (07/01)

links

profile

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM