惑星ニビル 再接近情報 プーチン大統領、トランプ新米大統領の公的発表がある!?

【NET TV ニュース.報道】
Good Morning プーチンと欧州 2016/12/04


 2016/12/04 に公開


トランプ政権の閣僚人事について
【 NET TV ニュース.報道 】 Good Morning Trump 2016/12/01


 2016/12/01 に公開
 製作 JRPテレビジョン ネットテレビ報道協会
 アメリカは、トランプの後ろについた軍関係者・軍事経験者、軍部、実質的軍事政権によるクーデター


取り残された日本 【 NET TV ニュース.報道 】ドミノ倒し始まる・・・
国家非常事態対策委員会 2016/12/01


 2016/12/02 に公開
 司会 橘 謙造 氏
 アメリカは実質的軍事政権
 アメリカは、TPPの放棄
 安倍政権はゾンビ
 アメリカは日本と同盟関係
 日本を根本的に変えるチャンス
 (株)を持つハゲタカから財産を取り戻すことができる
 日銀の国有化をすること
 ロシアが、ハザールマフィア(寄生虫)を追い出した時、1年以内にロシア人の実質生活水準倍増した、
 このチャンスを逃してはならない。
 賄賂漬け永田町の2世、3世議員を追い出せ、安倍総理の不正選挙を暴き出せ、
 日本からジュビリーを起こすべき
 トランプの閣僚人事



この時期に来て、またもや惑星ニビル、地球に再接近の情報


【大注目】11月8日プーチン大統領が地球存亡に関する重大発表を行う


 2016/10/26 に公開
 太陽系の 「 第 9番惑星 」 ではないかといわれ、その存在が指摘さている惑星ニビル ( プラネット X ) は、極端な楕円形を描く広大な軌道で数千 ( 3,600 ) 年に一度太陽に最接近し、その際に地球をかすめ、重力や地磁気の乱れをもたらして地上に大災厄を引き起こすと噂されている


デイビット・ロックフェラーとジェイコブ・ロスチャイルドはすでに他界!?

 2016/11/05 に公開
 
  もしかして、地下核シェルターに避難したか?


トランプ当選後の世界の動き ついにワンワールド実現の可能性
【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/11/11



 EUの崩壊とロシアを含めたEUの再構築 改善と再生
 2016/11/10 に公開


ジョージ・ソロス逮捕?の可能性
【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 ホワイトハウス 2016/11/17


 2016/11/17 に公開


ベンジャミン・フルフォード トランプ大統領の次は、
プーチン失脚、EU崩壊!2016年11月17日 朝堂院大覚


 プーチン大統領失脚? :トランプ政権誕生、EU崩壊、国連崩壊と再構築、ドイツの求心力失う、ポーランド政府の議員、航空機事故で多数死亡、後にプーチン大統領失脚、共産主義でないソ連復活、新ヨーロッパ連盟の誕生、フランスに新女性大統領、ドイツ メルケル失脚。EUの再構築。
 2016/11/17 に公開
 JRPテレビ 2016年11月17日

  プーチン大統領失脚:もしかして、地下核シェルターに避難するのか?



国際金融の動き
【NET TV ニュース.報道】朝堂院大覚 国家非常事態対策委員会 2016/11/18



 民間の米連銀FRBは、米ドルを発行している ─ 米合衆国の憲法違反である
 2016/11/17 に公開



トカナ:今年11月に地球滅亡!? 惑星ニビルが最接近予定、ブラッドムーンとの関係も!

 2016.09.19. 記事参考抜粋

 「 太陽系の「第9番惑星」ではないかといわれている惑星ニビルは、地球の20〜25倍もの質量を持ち、密度は約100倍。他の太陽系惑星の公転面と大きな角度で交差し、かつ広大な楕円軌道を描き、約3600年で太陽の周りを一周すると考えられている。
 ニビルの存在が指摘されたのは1982年。木星、海王星、冥王星の軌道にズレが生じていることを発見したこが、これらの惑星に影響を与えているのは冥王星の外側に軌道を持つ天体である、と米海軍天文台のロバート・ハリントン博士は主張したのだ。

 11月には地球に最接近し、壊滅的な被害がもたらされると予想している。ちなみに、米政府はニビルの接近を知っているが混乱を避けるため、事実を隠しているのだそうだ。 」



惑星X=第10番惑星「ニビル」のこと
エレーニン彗星 ( C/2010 X1 ) =ロシアのアマチュア天文観測者レオニード・エレーニン(イェレニン)によって2010年12月10日に発見された 長周期彗星( 惑星ニビルと同軌道帯と推測される ) です。 アメリカ合衆国ニューメキシコ州メイヒル近郊に位置する国際科学光学ネットワーク( The International Scientific Optical Network )の天体望遠鏡の遠隔操作観測によって彗星であることが追認された。 その時点での明るさの等級は、19.5等星程度。 これは、肉眼視可能な下限である六等星の約15万分の1の明るさに相当します。 2011年8月にこの彗星は崩壊を開始したと見られ、10月の半ばに地上の大型望遠鏡を使っての観測は不可能になりました。 2011年10月16日、この彗星は、予測されていた軌道を保ち地球からは遠ざかっていることが観測されました。 なお、この彗星が再び太陽系の中心部 及び 地球の公転軌道面に近づくのは、離心率の平均値から、最短でも1万2千年後であろうと予想されています。 ( 参考:ウキペディア )
映画 「 ディープ インパクト DEEP IMPACT 」 の彗星到来時の極秘キーワード「 E.L.E. 」は、エレーニン彗星 ( ELENIN ) 彗星の名前 「 ELE 」をもじったと考えられます。

 個人的見解:もし、エレーニン彗星 ( C/2010 X1 )だったとすれば、惑星X(ニビル)の接近は、それから、1年10ヶ月後と言うことですから、2013年8月16日( 〜9月 )前後となり、猶予は、あと、1ヶ月もありません。 ニビルの接近は、今現在も、特にはっきりとした目撃情報が、公式に政府などから報告されていません。 さらに、南半球では、既に見えているはずですが、はっきりしていません。 そこで考えられることは、もしかすると、エレーニン彗星 ( C/2010 X1 )ではなく、2013年11月〜12月にかけて接近するアイソン彗星(C/2012 S1)のことではないか? と、推測することもできます。 この彗星は、ロシアの光学観測ネットワークによって発見され、「アイソン」(ISON) と命名されました。 起源は、太陽系外縁 “ オールトの雲 ” 。 タイプは、近日点距離が、187万km(0.0125AU)しかない、極めて太陽に接近するサングレーザー非周期彗星です。 現在は、木星軌道より少し内側にある程度の距離から太陽に接近中です。 2013年11月末〜12月にかけて太陽に接近し、北半球では、月の15倍の明るさとなり、日中でも見える可能性が高いです。 20世紀最大の彗星と言われた ヘールボップ彗星 を遙かに凌ぐ明るさとなり、天文学的一大イベントの様相を呈しています。 ところが、一部の人たちによって、次のようにも囁(ささや)かれています。 この彗星が、もし、青い色をしていたら、ホピ族予言にある世界終焉予言「 最後の予兆 」 かも知れないと、

 「 あなたは天の住居のことを耳にするだろう。
  それは、大音響とともに落ちてくる。
  それは、青い星のようにみえるだろう。
  これが落ちてまもなく、わが民の儀式は終わる 」

 と、符合するかも知れません。 惑星X(ニビル)の接近は、それから、1年10ヶ月後と言うことになりますから、2015年9月〜10月と言うことになります。 はたして、どちらが正しいでしょうか? それとも、どちらも間違いでしょうか? いづれにしても、地球に接近して欲しくない 惑星X(ニビル)ですが、しかし、磁極点の移動による地軸のポールシフトを起こす予兆が、確かにあることから、 惑星X(ニビル)の接近が、影響していることは、明白でしょう。


11月8日にプーチンが重大発言!?  惑星X(ニビル)研究者の相次ぐ不審死

 2016/10/31 に公開
 ホワイトハウスが緊急発表「太陽フレアに警戒せよ」! 人類滅亡を警告する大統領令に戦慄走る
次期大統領候補のヒラリー・クリントン氏は、当選の暁に「すべてのUFO情報を開示する」ことを公約している。また、11月8日にはロシアのプーチン大統領が、「第9惑星(ニビル)に関する重大発表を行う」との情報もある。


スポンサーサイト

  • 2017.09.25 Monday
  • -
  • 09:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

最近の記事

categories

recent comment

  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    baramado (05/31)
  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    GIMONari (04/12)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    baramado (07/09)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    ベルナデッタ京藤洋子 (07/01)

links

profile

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM