スペインの銀行の連鎖的な破綻、欧州発EU金融崩壊、米国のスーパーバブル、森友・加計疑獄と東京オリンピックの巨額水増し予算のカラクリ、日本企業の400兆円超の内部留保を投資に回させる⇒漸進主義(クリープ・インクリメンタル)又は、増加的アプローチ法⇒

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。

 2017年1月1日現在、『 大警告 』 は、到来していません。 株の大暴落、通貨金融危機、核による第三次世界大戦も未然に防がれました。 2016年末に到来するだろうとされたいくつかの預言を信じていた人々へ、回心し、預言に縛られないようにしてください。 もしも、聖書巻末に記録された 「 ヨハネの黙示録 」 が、本当は、最初から改竄されていたとしたら、別の誰かによって、原書発見の翻訳時に改竄され、「 666 」 の数字も獣も龍も悪魔崇拝をしているブラック・イルミナティ、シオニストユダヤ人の脚本( 筋書き )で、キリスト教徒の信仰に擦り込みを施すものだとしたら、人類の歴史を陰で、操作する道しるべ だとしたら、彼らシオニストユダヤ人が、是が非でも、「 ハルマゲドン 」 を、ハザール・マフィア、ブラック・イルミナティを使って成就させようと、計画しているのだとしたら、それは、「 神の御旨 」 ではありません。 必ず人類が、人種を超えてお互い協力し、この謀略を阻止しなければなりません。 イスラエル国家を仲間外れにして、核ミサイルのボタンを押させ、「 ハルマゲドン 」 を引き起こさせようとする悪魔の計画を止めさせなければなりません。 中東全体を平和に導くことが何より大切です。




四京三千兆円を換金しようとしたヘンリー・キッシンジャー
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/06/08


 2017/06/08 に公開
 ・過去に放送した番組リスト
  http://jrptelevision.com/content/
 マスコミの報道偏重
 

オサマ・ビンラディンの死の真相、9:11自爆テロについて
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/06/15


2017/06/15 に公開




「今年後半か遅くとも来年に、生涯で最悪のクラッシュが起ころうとしている」
─ ジム・ロジャーズ ─


ビジネス・インサイダーのCEO、ヘンリー・ブロジェット (Henry Blodget ) のインタビュー


JIM ROGERS: The worst crash in our lifetime is coming



 アベノミクスは、米国の株高のために駆り出されました
 海外のヘッジファンドは、暴落させるタイミングを虎視眈々と狙っている。

 参考:カレイドスコープ 『 始まった欧州の金融危機とジム・ロジャーズの最悪の警告





WikiLeaks の 「Vault 7」:ワールド・トレード・センター・コンプレックス ( 1〜7 WTC ) 7つのビルの崩壊と謎が完全に解明されたとき世界激変

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。

 2017年1月1日現在、『 大警告 』 は、到来していません。 株の大暴落、通貨金融危機、核による第三次世界大戦も未然に防がれました。 2016年末に到来するだろうとされたいくつかの預言を信じていた人々へ、回心し、預言に縛られないようにしてください。 もしも、聖書巻末に記録された 「 ヨハネの黙示録 」 が、本当は、最初から改竄されていたとしたら、別の誰かによって、原書発見の翻訳時に改竄され、「 666 」 の数字も獣も龍も悪魔崇拝をしているブラック・イルミナティ、シオニストユダヤ人の脚本( 筋書き )で、キリスト教徒の信仰に擦り込みを施すものだとしたら、人類の歴史を陰で、操作する道しるべ だとしたら、彼らシオニストユダヤ人が、是が非でも、「 ハルマゲドン 」 を、ハザール・マフィア、ブラック・イルミナティを使って成就させようと、計画しているのだとしたら、それは、「 神の御旨 」 ではありません。 必ず人類が、人種を超えてお互い協力し、この謀略を阻止しなければなりません。 イスラエル国家を仲間外れにして、核ミサイルのボタンを押させ、「 ハルマゲドン 」 を引き起こさせようとする悪魔の計画を止めさせなければなりません。 中東全体を平和に導くことが何より大切です。




緊張する米朝と日本【ネット TV ニュース.報道】
国家非常事態対策委員会 2017/04/21


 2017/04/20 に公開
 ベンジャミン・フルフォード
 偽報道に騙されるな、原子力空母カールビンソンの現在位置は、インドネシア沖。
 北朝鮮に向かっていないと、アメリカ合衆国軍の正式発表、また、北朝鮮とは、戦争しない。
 ハザール・マフィアの崩壊、偽プロパガンダ工作と報道をしているひとと組織を今後逮捕する。
 第三者が、戦争を引き起こそうと画策している。 第三次世界大戦を引き起こさせない。
 犯人が姿を見せていない:バラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョン・ケリー元国務長官、
 ・・・パージされている。




北朝鮮が日本に核兵器を使って脅してきている問題の裏に潜むハザール・
マフィアの工作【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/04/13


 2017/04/13 に公開
 ベンジャミン・フルフォード Paypal 口座凍結につき、ご支援のお願い
 ハザール・マフィアの工作



日本から流れる毎年200兆円の金が止まれば世界は変わる
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/04/13


 2017/04/13 に公開
 ベンジャミン・フルフォード Paypal 口座凍結につき、ご支援のお願い



マレーシアで殺害された男は替え玉だったのか?
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会
2017/03/02


2017/03/02 に公開
 朝鮮半島統一、ロスチャイルドが、仕掛け人、G7仕切り直し


賄賂をもらって水道をフランスに売り飛ばす麻生太郎
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会
2017/02/27


 2017/02/26 に公開
 麻生太郎が、賄賂をもらって、高知の公共水資源をラファール氏と言うフランスのセメント会社に売り渡した。
 その会社の顧問に、フランスのロスチャイルド、ヒラリー・クリントン、悪魔教のトップ ルイス・アイゼンバーグ。 外国マフィアが、水を支配することを許してはいけない。
 皇太子が、日本の浄化を始める。 売国奴連中をパージする。 
 森友不動産疑惑の賄賂を暴露:安倍総理、麻生財務相、ついに失脚する時、
 汚職天国の日本政治を警察・検察・法関係者が、正義を行使しないなら、革命で浄化か?



 検察は、いい加減に動かないと国際社会から糾弾されるだろう



追加要点:WTC第7ビルの秘密の地下 と ウィキリークス 「 Vault 7 」
各国の中央銀行による 「 米・英・仏 からの金の奪還 」


 侵略戦争によって世界中の金 ( ゴールド ) を集めてきた米国の 「 影の政府 = 7th floor group 」 。
 現在、その莫大な金は米国内には「ない」と言われています。 ネオコンの焦りは、頂点に達し、子飼いのCIAを使って、何かを企てようと謀略を巡らしています。

 ナチュラル・ニュースが 「 CIAが 何か大きなことをやらかそうとしている 」 と警告

米国の代表的なオルタナティブ ( 既存のものに取ってかわる新しいもの ) ・メディア ナチュラル・ニュース ( Natural News ) が、2月22日、google のブラックリストに登録され、次々と google のインデックスから取り外されています。 取り外しの対象は、ワクチン、遺伝子組み換え食品の危険性を訴えた記事、製薬業界の腐敗、CO2地球温暖化などの偽科学暴露記事、約14万ページに及ぶインデックスが表示されなくなった。 この件について、ナチュラル・ニュースの主宰者 マイク・アダムス氏は、

 「 googleが、自分と INFOWARS のアレックス・ジョーンズ氏 を引きずり下ろそうとするのは、CIA が何か大きなことをやらかそうとしているからだ。 トランプ大統領は、用心すべきだ 」

 と訴えています。

「Vault 7」についてもっとも真相に近いとされているスレッド と
9.11の時、ペンタゴンに突っ込んだとされる航空機、
実は、証券詐欺を調査していた部署を狙った内部からの爆破


 1,200億ドルの ブレディー債 の消失 ─ 9.11 直後から多くの事情通によって取り沙汰され、議論された。 トム・フロッコ( Tom Flocco )氏が残した膨大なファイル 「 Financial terrorism towers over 9/11 」 によると、 「 1991年9月12日の債務不履行と未認可の金担保債務証書類 ( unauthorized gold-backed debt instruments ) が、10年物のブレディー債券の購入に充てられていた 」 とのこと。 このファイルに関係者の名前が列挙されており、{ ニコラス・ブレディ( Nicholas F. Brady )、事件当時、FRB議長だったアラン・グリーンスパン、パパブッシュ と 子ブッシュの二人、当時のニューヨーク市長だったルドルフ・ジュリアーニ、英国女王 } まで登場してくる。 この件を調査していたのが、ペンタゴン内部の海軍情報局( Office of Naval Intelligence:ONI ) で、不正なブレディー債購入の明らかな証拠は、この軍事調査資料のファイルからリークされたものだった訳です。 「 ペンタゴンに突っ込んだとされる航空機は、この ONI の部署を直撃した 」 ─ 実際には、航空機は、ペンタゴンに突っ込んではおらず、何者かによって内部から爆破されたというのが、今では真相となっている。

 「ネオコン」とは、「保守」という衣に身を包むことによって
 本当の姿を隠している「世界政府主義者=グローバリスト」であり
 世界政府主義=新世界秩序(NWO)
 実は、共産主義を信奉する「トロツキー主義者」


 ネオコンのルーツは、1940年代のトロツキズム( トロツキー主義 ) を信奉していたマルキシスト( マルクス主義者 )。 当時のネオコンの主要メンバーのほとんとがユダヤ人。 現在でもネオコンの中枢を牛耳り、本質的に、神を信じない、無神論的悪魔崇拝主義者、反ロシア主義者たちです。 彼らは、帝政ロシア時代のロマノフ王朝の頃から迫害を受けてきたユダヤ人で、1940年頃、命がけで米国に亡命したため、ロシアに対して積年の恨みを抱いている。 彼らは、今でも反ロシアです。

WikiLeaks は、エドワード・スノーデン氏 と ジュリアン・アサンジ氏
の身柄をネオコン側に引き渡す動きを封じるために「 Vault 7 」を掲載


 トランプ大統領は、 9.11 の真相についてスノーデン氏が、トランプ政権に暴露してくれることを期待している。 それこそ、ネオコンが企んでいる 核戦争による第三次世界大戦 を防ぐことになるからです。

 ネオコンの突出した部分が、ワシントンD.C.のハリー・S・トルーマン・ビルの7階で定期的に会合を開いている影の政府「7th floor group」。 トルーマン大統領が、世界的秘密結社フリーメーソンの最高位の幹部だったことは、事実です。 トルーマン政権下で商務長官を務め、アメリカ対日協議会のスポンサーだったウィリアム・アヴェレル・ハリマンは、イェール大学内の秘密結社 スカル・アンド・ボーンズのメンバーだったことも事実です。 かつて、セオドア・ルーズベルト大統領が、「 泥棒男爵 」と言い、公共の敵だとレッテルを貼った 米国の鉄道王 エドワード・ヘンリー・ハリマンの息子が、ウィリアム・アヴェレル・ハリマンです。 「 優生学 」は、このウィリアム・アヴェレル・ハリマンの極端な人種差別思想から出てきたものです。


誰も解明しない WTC 第7ビルの垂直崩壊の謎と
WTC第4ビル地下の金(ゴールド) と WTC第6ビル地下の財宝の数々


 WTC第7ビルは、ツインタワーに航空機が 突っ込んでから 8時間後に、垂直落下するように崩落した。 下層階では、火災が起きていましたが、なぜ無傷の上層階まで、崩れるように粉々になって倒壊したのか? 建築構造の専門家が、あらゆる可能性を考えて、WTC第7ビルの崩落のような現象が起こるのかどうかを シミュレーション したものによれば、結果は、「 起こりえない 」。
 ニューヨークタイムズの2001年11月1日付の記事:「 苦難の国家:貯蔵所( 保管庫 );爆心地の真下の銀と金 」の見出しによる仮説。
 9.11テロの最大の疑惑は、WTC第7ビル( 別名:ソロモン・ブラザーズ・ビルディング ) のあり得ない崩壊 と、1200億ドルのブレディー債の消失 と、その他に何が隠されていたのかという謎。
 2016年7月1日付の英国の日刊タブロイド紙 「 SUN 」 が核心に迫る記事を掲載 ─ 「 ツインタワーのカメラマンは、9.11 テロの背後にジョージ W ブッシュ政権の策動があったという証拠を握っているという 」 記事で、─
 「 ツインタワーのカメラマン 」 とは、航空機が ツインタワーに激突した直後、瓦礫と粉塵舞うワールド・トレード・センターの複合施設敷地内に自由に立ち入りできる許可を与えられた合衆国連邦緊急事態管理庁( FEMA )の職員だった男です。 現在、闇の勢力に命を狙われている彼、カート・ソネンフェルド氏が、ワールド・トレード・センターの複合施設の地下で目撃したことは、ブッシュ政権が、 9.11テロを主導した動かぬ証拠である と主張している。

 ケンタッキー州のフォートノックス陸軍基地内にある
 堅固な金塊保管庫から消えた 660億ドル相当の金塊 は、どこに行ったのか?
 日本政府が 半ば強制的に フォートノックスに
 預けさせられている760トンの金は、果たして無事なのか?
 世界中の金は、第二次世界大戦の戦勝国 { 米国、英国、フランス } の 3ヶ国に集められている。
 2014年3月、ウクライナのボルィースピリ国際空港に着陸した国籍不明の大型輸送機が、ウクライナ政府が 保有する金塊40トンのうち 33トンを積載して飛び立った事が明確となったが、その金塊は、行方不明。



 チューリヒ・ロスチャイルド銀行の設立に参加した“ 金の教皇 ( Pope of God ) ” の異名をとるフェルディナンド・リップス ( Ferdinand Lips ) が言った言葉、 ─ 彼は 自著『 Gold Wars ( 邦題 「 いまなぜ金復活なのか ― やがてドルも円も紙屑になる 」) 』 の中で、 「 すでに金の戦争は 2002年に決着し、われわれ、すなわち、ロスチャイルドは この戦争に勝利した 」 ・・・
・・・ エリザベス女王が、去年の 4月、国営 イングランド銀行の 秘密の地下金庫 ( Vault )を視察。 この地下金庫には、2480億ドル相当の金塊が保管されている。 金(ゴールド)は、世界のすべての国が世界銀行と国際通貨基金( IMF )によって管理されることに同意することによって得られる信用 −「 Global Debt Facility 」 によって所有することが認められる 金( ゴールド )は、通貨と為替の安定という名目でロスチャイルド機関に人質にとられている。

トランプ大統領が、9.11 の真相究明を進めれば進めるほど、米国ネオコンの世界的ネットワーク と 影の政府 の強大な超権力と衝突することになる。

( 参考:カレイドスコープ「 WTC第7ビルの秘密の地下とウィキリークス「Vault 7」(2と3) 」



ワールド・トレード・センター・コンプレックス ( 1〜7 WTC ) 7つのビルの崩壊

ワールド・トレード・センター ( WTC ) ツインタワー 垂直崩壊の真相



 WikiLeaksが、2月4日から2月9日まで、「 Vault7 」 という不可解なツイートを連投しました。

 「What」、「Where」、「When」、「Who」、「Why」、「How」 - 5W1H

 奇妙で暗示的な6つのツイートで「絵」が完成します。


1番目のツイート ( 2月4日 )「 What is #Vault7? 」 からは、

 「 貯蔵 」「 保管 」のキーワードが抽出 ⇒ 銀行の地下金庫( アメリカ合衆国の金塊が )

2番目の「 Where is #Vault7? 」 からは、
 「 地下 」「 金 ( ゴールド ) 」「 没収 」のキーワードが抽出 ⇒ ( 何処の地下に金塊が盗難! )

3番目の「 When is #Vault7? 」からは、
 「 119 」のキーワードが抽出 ⇒「 When? 」ですから「 9.11 」テロ事件。

4番目の「 Who is #Vault7? 」 からは、
 「 国家の裏切り者 」のキーワードが抽出 ⇒ ( 影の政府 」=「 7th floor group =窃盗犯組織? )
 ワシントン D.C. ハリー・S・トルーマン・ビル 7階 定期的に会合を開催 - 影の政府「 7th floor group 」

 ブラッドリー・マニング、ジュリアン・アサンジ、エドワード・スノーデンの3人は、告発者であり、これから出て来る 「 影の政府 」 にとっての 「 裏切り者 」 であることに注意してください。
 影の政府 」= 「 shadow government or permanent government とは、ホワイトハウスの上に君臨している無国籍の政府のことです。 2016年現在、ワシントンD.C.の内側に実在しており、FBIの公式文書に記されているの 7th floor group のことです。

5番目の「 Why is #Vault7? 」 からは、
 「 Vault door 」「 溶接 」のキーワードが抽出 ⇒ ? (ドアを溶接する?盗んだ関係者を閉じ込める?)

6番目の「 How did #Vault7 make its way to WikiLeaks? 」 からは、
 「 監視 」「 秘密警察 」のキーワードが抽出 ⇒ ( Vault7 ( 金塊を盗んだ犯人? )を監視対象 )

 このツイートは、「 いったい、どういうことから、Vault7 が WikiLeaks の関心・調査対象となったのか 」といったニュアンスを残しています。


 ウィキリークスの謎の一連のツイートの解明について、ゼロヘッジの記事の掲示板では、「 金 ( ゴールド ) 」が 議論されています。 すべては、9.11 事件のワールド・トレード・センター 第7ビルの 1WTC と 2WTC 垂直崩壊にさかのぼります。 なぜ、トランプ政権が、軍事政権でなければならないのか、なぜ、政権の要職にゴールドマン・サックス卒業生を就ける必要があったのか、その謎が解明されます。

 << 「 噂 」 では、ワールド・トレード・センタービルの地下にあった金庫に合衆国のほとんどの金塊が保管されていたが、9.11事件と共に盗まれた。 ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレー・ディーンウィッター証券の社員は、内部で事前にテロを知っていたため無事だった。 ゴールドマン・サックスを創設したのは、ドイツ出身のユダヤ人のマーカス・ゴールドマン氏。 1848年にドイツからゴールドマン家が移住、サックス家もドイツから移住したユダヤ人。 ゴールドマン・サックスのルーツは、ゴールドマン家、サックス家、ワインバーグ家の3つの家族に集約される。 マーカス・ゴールドマンと妻バーサ・ゴールドマンには、レベッカ、ジュリアス、ヘンリー、ローザ、ルイーザ の子供5人。 ジョーゼフ・サックスと妻ソフィア・ベアにも、ジュリアス、サム(サミュエル)、エミリア、ハリー、バーニーの子供5人。 ゴールドマン家のローザは、サックス家のジュリアスと、同様に ルイーザは、サム(サミュエル)と、両家は姻戚関係。 マーカス・ゴールドマン氏は、娘ルイーザの夫で義理の息子サム(サミュエル)・サックスを招き入れ、社名を M・ゴールドマン・アンド・サックスに変更。 義理の息子サムの両親 ジョーゼフ・サックスと妻ソフィア・ベアが、バヴァリア出身のドイツ系アメリカ人、サム(サミュエル)・サックスの参加により事実上のゴールドマン・サックスが開始された。 サム・サックスは、リーマン・ブラザーズの銀行部門のフィリップ・リーマンとは、旧知の仲だった。 リーマン家は、19世紀にバヴァリアからアメリカへ渡っている。 バヴァリアは、ロスチャイルドが 1776年に設立( 資金提供した )のバーヴァリアン・イルミナティの本拠地。 公式には アダム・ヴァイスハウプト氏が 代表となり、戦争、革命、独立運動、事件の操作に関与していた。 フランス革命、アメリカ合衆国独立など。 ロスチャイルドが操るゴールドマン・サックスは、自らの要求に合うように政府方針を決定づける影の政府の役割で、その主な方法とは、子飼いの人物を政府の主要な財政担当職に指名させていた。 >>

「Vault 7」の謎が完全に解明されたとき世界は激変する
─ 世界規模の陰謀集団との高度な神経戦 ─


 ワールドトレードセンター( 英語: World Trade Center, WTC )は、かつてアメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタン区のローワー・マンハッタン( マンハッタンの南端 )に位置していた商業施設である。 ロックフェラー一族が掲げる理想 「 World Peace through Trade 」( 貿易を通じての世界平和 ) から命名された。 日本語での訳語は、「 世界貿易センター 」。
 2001年9月11日 ( テロ事件による ) コンプレックスは、1WTC から 7WTC までの 7つのビルによって構成されたが、特にその中心であったツインタワー ( 1WTC と 2WTC ) は、完成時に世界一の高さ、2棟の巨大な直方体が並び立つ姿は、ニューヨーク市やマンハッタンのシンボルとなっていた。 日本で単にワールドトレードセンタービルといえばこのツインタワーのことを指した。
 2001年9月11日の 9/11 テロ ( アメリカ同時多発テロ事件 ) によって崩壊して以降は、「 グラウンド・ゼロ 」 又は、 「 ワールドトレードセンターサイト( 跡地 ) 」 という呼び名が定着している。
 現在は、1 ワールドトレードセンターを中心とした新ワールドトレードセンターがある。
 2001年 9月11日の午前、イスラム系国際テロ組織アルカイダ実行犯が ハイジャックした民間航空機二機が両タワーに次々に自爆突撃をした。 テロリスト含む乗員・乗客・テナント・消防・警察など、あわせて2749人もの死亡者を出す惨事となり、ワールドトレードセンターは崩壊した。

 WTC建造物への被害は以下のとおり:
 1WTC:ノースタワー(110階) → 95階にアメリカン航空11便(ボーイング767-200 N334AA)が直撃、完全崩壊
 2WTC:サウスタワー(110階) → 81階にユナイテッド航空175便(ボーイング767-200 N612UA)が直撃、完全崩壊
 3WTC:マリオットホテル(22階) → 2WTC崩壊により半壊、1WTC崩壊でほぼ全壊
 4WTC:オフィスビル(9階) → 2WTC崩壊によりほぼ全壊
 5WTC:オフィスビル(9階) → 9階から3階まで両タワー崩壊によりほぼ全壊
 6WTC:合衆国関税局 / 先物取引場(7階) → 両タワー崩壊によりほぼ全壊
 7WTC:オフィスビル(47階) → テロ発生8時間後、12階部分の火災と両タワーの瓦礫により、12階の79番目の支柱が損壊したことにより、完全崩壊

 「 World News Daily Report 」 フェイクニュースで有名なサイトの 2015年10月18日 の記事です。
 「 トランプ氏が 9.11 の再調査を命じた 」 というニュースは、このイスラエルのシオン主義のニュース・サイトから発信され、その直後、いくつかの中堅メディアに波及しました。

 この事は、トランプ氏に加担しすぎるとかどうとかの、低次元の問題ではなく、核戦争による第三次世界大戦によって、世界が崩壊するか どうか の危機が 迫っていることから、地球生命体の保護 と 世界平和のためにひとまず トランプ氏を応援すべきだ、と言う事です。

世界が崩壊するかどうか危機が迫っている


 ( 参考:ウキペディア、カレイドスコープ:WTC第7ビルの秘密の地下とウィキリークス「Vault 7」





ハザールマフィア:闇の勢力=角を持った獣=傲慢と冒涜、竜のように話し、口から川のように水を吐く=嘘偽りのプロパガンダを拡散するマスメディアに踊らされるな、洗脳されるな、惑わされるな

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。

 2017年1月1日現在、『 大警告 』 は、到来していません。 株の大暴落、通貨金融危機、核による第三次世界大戦も未然に防がれました。 2016年末に到来するだろうとされたいくつかの預言を信じていた人々へ、回心し、預言に縛られないようにしてください。 もしも、聖書巻末に記録された 「 ヨハネの黙示録 」 が、本当は、最初から改竄されていたとしたら、別の誰かによって、原書発見の翻訳時に改竄され、「 666 」 の数字も獣も龍も悪魔崇拝をしているブラック・イルミナティ、シオニストユダヤ人の脚本( 筋書き )で、キリスト教徒の信仰に擦り込みを施すものだとしたら、人類の歴史を陰で、操作する道しるべだとしたら、彼らシオニストユダヤ人が、是が非でも、「 ハルマゲドン 」 を、ハザール・マフィア、ブラック・イルミナティを使って成就させようと、計画しているのだとしたら、それは、「 神の御旨 」 ではありません。 必ず人類が、人種を超えてお互い協力し、この謀略を阻止しなければなりません。 イスラエル国家を仲間外れにして、核ミサイルのボタンを押させ、「 ハルマゲドン 」 を引き起こさせようとする悪魔の計画を止めさせなければなりません。 中東全体を平和に導くことが何より大切です。




2017年1月20日 トランプ大統領誕生 就任式について
【NET TV ニュース.報道】裏・・週刊金曜日ちゃんねる 2017/01/19


 2017/01/19 に公開

 地上波テレビ、マスコミ等が報道できない
 インターネットならではのニュースや政治番組、環境問題、日本のあらゆる問題、原発、エネルギー問題、芸能界の闇、海外の事件etcなどをスペシャルなゲストを招いて発信します。
 ぜひ、チャンネル登録をお願いします
 製作 JRPテレビジョン ネットテレビ報道協会


本当の意味でのアメリカ合衆国の独立 トランプ大統領就任演説
【NET TV ニュース.報道】Good Morning Trump 2017/01/21

 2017/01/21 に公開
 多国籍企業のための利益=ニューコート帝国( ハザールマフィアの植民地支配 = 超富裕王侯貴族 )
 からの本当の独立。
 アメリカ合衆国のアメリカ人によるアメリカ合衆国のためのアメリカ政府を創る。



【 中丸薫・古歩道ベンジャミン 】 信じられない真実の数々

 2017/01/19 に公開
 中丸 薫 女史
 1937年5月23日生まれ
 ジャーナリスト、国際政治評論家。




 2017/01/19 に公開
 

 マスメディア は、聖書のヨハネの黙示録に登場する 「 」 である
 聖書で表現するところの角(つの)とは、 「 ラッパ 」 のことであり、偽りの音声を意味する。
 ヨハネの黙示録には、角を持った獣が登場する。 大言壮語を吐き出し、暴言、傲慢と冒涜で満ちた竜のように話す。 「 赤い竜は、口から川のように水を吐く 」 と譬えているが、それは、現代の マスメディア ( マスコミ ) そのものである。 彼らは、自分達こそ正義だと、正しい と主張するが、その実は、偽善に満ち、偽りの泥棒であり、私利私欲の金の亡者であり、人殺しである。 多国籍企業と国際金融によって謀られた計画(罠) ─ 、ひどい格差社会を全世界にまき散らしたのは、彼らの情報のおかげである。 その中には、プロパガンダによる戦争、革命、テロも含まれている。 彼らの目的は、人類の洗脳であり、悪魔礼拝をさせるために、竜と獣を拝ませることにある。 その権力は、絶大で聖徒たちと戦って勝つことが許されるほどである。 彼らに逆らう個人など、いないだろう、と記されるほどだ。
 しかし、悪の手先になったジャーナリストと僕の行きつくところは、一蓮托生に地獄である。
 



日本国民は見逃すな!2016年12月29日付、日銀を国有化するチャンス、アメリカから完全独立する機会を見逃すな!イルミナティ内部(悪と善)の分裂 ─ 世界の支配層が変わっている! ─ 2017年1月以降、911事件などの逮捕で大激変か?

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。

 2017年1月1日現在、『 大警告 』 は、到来していません。 株の大暴落、通貨金融危機、核による第三次世界大戦も未然に防がれました。 2016年末に到来するだろうとされたいくつかの預言を信じていた人々へ、回心し、預言に縛られないようにしてください。 もしも、聖書巻末に記録された 「 ヨハネの黙示録 」 が、本当は、最初から改竄されていたとしたら、別の誰かによって、原書発見の翻訳時に改竄され、「 666 」 の数字も獣も龍も悪魔崇拝をしているブラック・イルミナティ、シオニストユダヤ人の脚本( 筋書き )で、キリスト教徒の信仰に擦り込みを施すものだとしたら、人類の歴史を陰で、操作する道しるべだとしたら、彼らシオニストユダヤ人が、是が非でも、「 ハルマゲドン 」 を、ハザール・マフィア、ブラック・イルミナティを使って成就させようと、計画しているのだとしたら、それは、「 神の御旨 」 ではありません。 必ず人類が、人種を超えてお互い協力し、この謀略を阻止しなければなりません。 イスラエル国家を仲間外れにして、核ミサイルのボタンを押させ、「 ハルマゲドン 」 を引き起こさせようとする悪魔の計画を止めさせなければなりません。 中東全体を平和に導くことが何より大切です。


ジョージ・ソロスは本当に死んだのか?新情報と真相
【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/01/16


  2017/01/16 に公開



1月15日 オバマがイスラエルに仕掛けるハルマゲドンの陰謀
参考:カレイドスコープ Sat.2016.12.31

第三次世界大戦の時限爆弾を仕掛けてホワイトハウスを去っていくオバマ


( 要点抜粋 )
【 オバマ政権の 8年間は、
「 第三次世界大戦の引き金をイスラエルに引かせるための外交政策を、ひたすら展開してきた政権である 」

 バラク・オバマと国務長官のジョン・ケリーは、国連の協力を得て、今度こそ本当に第三次世界大戦の起爆装置を国際社会に埋め込んで政権を去っていく。 来年1月15日、フランスが主導する
中東和平会議 」 がパリで開催されます。 それは、和平への道のりを、さらに険しいものにするだけでなく、追い詰められたイスラエルに核のボタンを押させることにつながっていくでしょう。 バラク・オバマは、今、まさに、彼の 8年に及ぶ在任期間において最悪の決断を下しました。 12月23日、国連安全保障理事会は 安保理決議2334号を採択 しました。 これは、ヨルダン川西岸と東エルサレムでイスラエルが進める入植地建設を違法であるとするだけでなく、近い将来、イスラエル国家の分割につながる国連決議です。 それは、第三次世界大戦の導火線に、今度こそ火が点けられるかもしれないことを意味するからです。 オバマ政権は、その本意を悟られないよう慎重に演技しながらも、いよいよハルマゲドンの道筋を用意したことによって、彼の政権の正体を露わしたのです。
 「 次期大統領の立場に反するようなアジェンダを推進すると述べるなど、政権移行の精神ではない 」 と、ドナルド・トランプ氏の国家安全保障アドバイザーは、大統領選投票日の一週間前、オバマ政権を強く批判しました。 トランプ氏は、任期残すところ 3週間のオバマに対して、イスラエルとパレスチナとの間の紛争を煽るようなことを中止して、速やかに紛争回避のための方策を取るよう警告しました。

 プーチン氏もイスラエルのネタニヤフ氏も、バチカンと国際金融資本家たちが、聖書の預言( 実は預言ではなく世界破滅への計画書 ) に書かれていることを世界中の信者たちに恐怖心を与えながら刷り込むことによって、世界最終戦争に導こうとしていることを熟知しています。 これは、神道・仏教の日本では、まったく理解されませんが、現実に西側の超富裕層たちが、避難のための大深度地下施設の建設を急いでいる ことから、彼らの精神と思考が、いかにアブラハムの三大宗教に支配されているかが 分かろうというものです。

 次期大統領ドナルド・トランプ氏は、国連安保理決議2334号の決議を受け入れることを明確に拒否しました。 これは アメリカ史上最悪のイスラエルに対する米国の裏切り であり、イスラエルのネタニヤフ首相によれば、オバマ政権は これをかなり前から、周到に計画 していたということです。
 ネタニヤフ首相のスポークスマン・デイビッド・キースは、 「 率直に言って、われわれは、国際的な情報源とアラブ世界の情報源から、オバマ政権が この国連決議を採択させるために、巧みに国連に働きかけていたという揺るぎない事実を掴んでいる 」 と述べました。 ・・・・ 】

 ( 抜粋参考:カレイドスコープ 「 1月15日 オバマがイスラエルに仕掛けるハルマゲドンの陰謀 」 )

聖書の預言( 実は預言ではなく世界破滅への計画書 ) に書かれていることを世界中の信者たちに恐怖心を与えながら刷り込む ─ 世界最終戦争 「 ハルマゲドン 」を企てている悪魔崇拝の超富裕支配者・王侯貴族層
 
 『 死海写本( 死海文書 ) 』 の発見:1947年以降、死海の北西(ヨルダン川西岸地区)にあるヒルベト・クムラン( Khirbet Qumran :英語 ) 遺跡周辺で発見された 972 の写本群の総称。 死海写本を記したグループは、エッセネ派クムラン教団とされ、洗礼者聖ヨハネと聖主イエズス・キリストの出身母体、思想源泉とも言われている。 おそらく、聖主イエズス・キリストの弟子たちによる一部共同体だったのかも知れない。 これには、まだ正式に公表されていない聖書の黙示録的写本が存在する。 少なくとも、シリア(ロシア)、ヨルダン、イスラエル、アメリカは、当時の原写本を確認していた。 発見当時の写本を購入した聖マルコ修道院の院長で、シリア正教会の大主教だったアタナシウス・イェシュア・サミュエル (Athanasius Yeshue Samuel) 師 と ヘブライ大学考古学教授エレアザル・スケーニク (Eleazer Sukenik) 氏 と ビンヤミン・マザール (Benjamin Mazar) 氏 も購入、アメリカ・オリエント学研究所 ( American Schools of Oriental Research, ASOR ) の研究者だったジョン・トレヴァー ( John C. Trever ) 氏は、アタナシウス師の持つ写本を撮影、この後、イスラエルは、最初の七つの写本を全て入手することに成功、また、第11洞窟から出た 『 神殿の巻物 』 を回収し、さらに、イスラエルは、1967年の第三次中東戦争の後で、ヨルダン政府の考古学博物館にあった死海文書を回収したのち、イスラエル博物館内に新設された「 死海写本館 」 ( Shrine of the Book ) に移した。
 
 死海写本の出版が、遅々として進まず公にされないのは、カトリック教会(バチカン)の陰謀が絡んでいるとされ、翻訳刊行されたのは、1995年以降〜2009年まで続く。 死海写本は、また、『 ダヴィンチ・コード 』 の原案にもなった。 中でも重要な写本は、共同体の規則( 宗規要覧 )、戦いの書(1QM、ミルハマー)、新しいエルサレムに関するテキスト、銅の巻物 (3Q15) だと思われます。 現在の聖書の 「 ヨハネの黙示録 」 と明らかに違っているのではないか? と、推測されるからです。
 エッセネ派のルーツは、紀元前1370年頃のエジプトまで遡り、当時、1人の長の元に、いつくかの職能集団が集まって大きな秘密結社を作っていた職能集団のひとつがエッセネ派だとされる。
 エッセネ派には、厳しい修行や瞑想などにより、超人的なパワーと未来を見通す予言能力を身につけた者もいたとされる。

 彼らによると、「 光の子 」 と 「 闇の子 」 の( 霊的な ) 最終戦争が起こり、人類は 大厄災に見舞われるが、その時、2人の救世主が現れるという。 「 アロンのメシア 」 と 「 イスラエルのメシア 」 である。 一説によれば、「 アロンのメシア 」 は、クムラン教団の末裔から現れて、もう1人の 「 イスラエルのメシア 」 は、失われたイスラエル10支族の末裔( 日本人? ) から現れると伝えられている。
 バーバリアン・イルミナティ ( グノーシス派イルミナティのことか? ) の原始母体は、エッセネ派、あるいは、イエズス・キリストの教え( 聖体の秘蹟の教義 [ ドグマ ] を除く )を忠実に守る弟子のひとりではないだろうか? それにしても、ナグ・ハマディ写本( 新約聖書外典 )に酷似した内容の文体であり、また、ナグ・ハマディ写本は、キリスト教グノーシス派の原資料として重要な写本でもある。


 Google と イスラエル博物館とが共同で進める 「 死海文書 」 のデジタル化計画にともない、2011年からネット上で全文公開が開始されているが、果たして、全て本物かどうか疑わしい? 自分たちに不利益となる部分の単語やセンテンス、文章の一部は、改竄されれていると見たほうが無難だろう。

 ( 参考文献:トカナウキペディア



ベンジャミン・フルフォード
小和田恒 スイスで軟禁か!2016年12月29日



 2016/12/29 に公開
 小和田恒 スイス軟禁の実態【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/29

 真の日本独立のチャンスが到来、日本円を発行する権利を日本国民が、奪い返すチャンスが 今あるが、1月20日までに動かなければならない。 日本の官僚と国会議員は、二度と来ないこのチャンスに動け。 わらないなら具体的現実的方法をベンジャミン・フルフォード氏が教えます。 国際権力に空白ができている。 日本政府が公明正大に公開して、日本円を発行する権利を得なければ、こののち、日本は、中国の植民地になるだろう。



中丸薫 311の真相もあきらかになる!日本も新しい潮流へ!


 2016/12/21 に公開

 世界の潮流が、変わる、プーチン氏は、世界大戦を3回止めた人です。
 戦争屋、カザールマフィアに従ってはならない。
 TPPとは、国家の上に君臨する大企業、多国籍企業、国際金融企業の思惑・謀略を破棄すべき。
 日本の政治家は、小沢氏が今後有望。
 世界の有識者は、カザール・マフィアのロックフェラーににらまれてきた小沢氏に期待している。
 311の真実を暴露すべき時期、日本再占領計画の挫折。
 NHKを含め、メジャーのマスコミを見て鵜呑みに信じては いけない。



ベンジャミン・フルフォード 世界の支配層が変わっている!
家非常事態対策委員会 朝堂院大覚 2016年12月22日



 2016/12/23 に公開
 ビル・ゲイツ軽井沢別荘の真相【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/22
 ビッグ・トップ ニュース:
 ペンタゴン情報によると、デイヴィッド・ロックフェラー、ナサニエル・ロスチャイルド、ローマ・カトリック教会 オプス・ディのエチェベリア司教が、3人とも先週殺された。 ─ 未確認。 13血筋の支配に対する革命が、欧米で起きている。 (グ)ノーシス・イルミナティ(バーバリアン・イルミナティのことか?)が本格的に革命活動を開始したと言う情報が入ってきた。 現段階で信憑性が、高い、1月以降さらに、変化があるだろう。



ベンジャミン・フルフォード氏 &
レオ・ザガミ氏( イルミナティ最高幹部の 1人 )対談



 2016/12/15 に公開
 イルミナティの中にも対立があり、レオ・ザガミ氏は、ハルマゲドンを起こして大量虐殺をするという計画に反対し、一時、追放され、家族とも隔離され、拘束されたのだそうです。 その後、その追放を企てたグループが、失脚して 自分は イルミナティの元の座に戻ったのだそうです。 そして ザガミ氏のグループが 映画「天使と悪魔」のアドバイザーなのだそうです。



トランプ大統領誕生後の世界の動き:南極で秘密会議、世界支配層の政権交代、ハイテク技術公開か?

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。



ベンジャミン・フルフォード氏 &
レオ・ザガミ氏( イルミナティ最高幹部の 1人 )対談



 2016/12/15 に公開
 イルミナティの中にも対立があり、レオ・ザガミ氏は、ハルマゲドンを起こして大量虐殺をするという計画に反対し、一時、追放され、家族とも隔離され、拘束されたのだそうです。 その後、その追放を企てたグループが、失脚して 自分は イルミナティの元の座に戻ったのだそうです。 そして ザガミ氏のグループが 映画「天使と悪魔」のアドバイザーなのだそうです。



トランプ大統領誕生後の世界の動き
【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2016/12/12

 2016/12/12 に公開

 要人が南極に行っている - 南極での秘密会議
 ロシア正教会のキリルが会議に招かれた
 スカルアンドボーズのケリー国務長官が大統領選挙中に呼び出されて行った
 「 これから、ノーシス派イルミナティが政権をとる、トランプを認めろ 」
 アメリカを裏で支配していた人々から、アメリカが 独立したと言う事

 多数の逮捕者がでるだろう
 隠されたハイテクが発表されるだろう
 IS&戦争のマッチポンプをやっているのは、ネオコンと NWO ( ロスチャイルド、ロックフェラー )だ
 世界支配層の政権交代 ─
 核による第三次世界大戦を回避して、 NWO と違う世界政府の樹立
 ノルウェーの南極基地にある温水の湖 ─ トンネルで入れる
 第二次世界大戦敗戦間近、ドイツの潜水艦で、千人の科学者と2,400人の美女を送りこんだ、ハイテク技術を温存して開発継続、その後、アメリカの軍産複合体と連携して、秘密ハイテク部門を設立。
 6,000以上の封印されたパテントがある。 円盤、反重力装置(重力を無くす装置)など。

 [ PS. 参考 ]
 イギリスのEU離脱から続く一連の出来事のリンク(つながり)
 イギリスのEU離脱 ─ EUが、空中分解をしていく過程の最初のドミノ
 イギリスを実質的に支配しているロスチャイルドなどのハザールマフィアらは、
 「 EU残留 」 の方向で国民投票の結果を不正操作しようとしていた。 しかし、
 誤魔化せないほどに多くの国民が、「 EU離脱 」 に投票したため、彼らは
 革命や市民暴動の発生を恐れて 「 イギリスのEU残留 」 工作を断念した。
 国民投票では、イギリス国民の72% が 「 EU離脱 」 に票を投じ、
 出口調査などの結果を加味すると、「 EU離脱 」の本当の支持率は 81% だったとされる。
 フランスでも革命の気運が高まっている。 連日にわたり大規模な反政府デモが行われ、
 民衆がかなり暴徒化しており、フランス当局は、デモの鎮圧にお手上げ状態。
 Brexit( イギリスの欧州連合離脱 )は Frexit( フランスの離脱 ) へと続いていくだろう。
 オランダ、ハンガリー、ギリシャ、などの国々でも 「 EU離脱 」 ─ EU崩壊の始まり

 ハザールマフィアらが管理する欧米経済圏が、アジア諸国などに対して 「 債務の不払い 」 を
 長期的に続けてきたことが原因 ─ ロスチャイルド一族筋の情報によると、
 ヨーロッパ最大の投資銀行を営むドイツ銀行( Deutsche Bank )も既に中国資本の手に渡った模様。
 近い将来、欧米の他の大手銀行もそうせざるを得なくなり、この事態をめぐって、ロスチャイルド
 一族の間でも大分裂が生じているそうだ。

 ハザールマフィアらが、所有するメディア、マスコミ各社の報道の嘘、情報操作、プロパガンダ
 ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプ氏の支持率が拮抗していることになっていたが、
 それは、あり得ない。
 アメリカの世論調査で 「 マスコミを信用している 」 と答えた国民はたったの 20%、
 「 政治家を信用している 」 と答えた国民は わずか 9%
 「 軍を信用している 」と答えた国民は 73%だった。
 ハザールマフィアのネット管理体制に組み込まれたグーグルなどが、こうした不都合な世論調査の結果を
 ネットから削除していた模様。

 アメリカ海軍と中国海軍とが過去最大の共同軍事演習をフィリピン沖で行った理由は、
 ペンタゴン筋によると、この米中共同軍事演習を実施した真の目的は、ハザールマフィアら ( ロスチャイルド、ロックフェラー、ブッシュなど ) が、インドネシアの金(ゴールド)を海外に持ち出すために使う潜水艦基地を攻撃するためだったとされる。

 http://www.mirror.co.uk/news/world-news/chinese-warships-join-forces-massive-8255107

 アメリカ軍(制服組)
 最高位のジョセフ・ダンフォード氏が、統合参謀本部議長就任後に初めて国連で演説をした。
 ここで彼は、国連や世界各国との連携の必要性を唱え、米軍が 戦争などの破壊的な軍事活動ではなく、
 平和維持に従事する組織へと生まれ変わることを宣言している。

 https://usun.state.gov/remarks/7340

 本格的にハザールマフィア支配の崩壊が始まった。

ノーシス派イルミナティ と 白龍会内部の情報源によれば、事態が適切に取り扱われれば、最終的に起きることとしては、欧州諸国が ロシアを含む広範囲でより大きく、緩やかで 自由な同盟・ユニオンを築くということ。

 ( 参考:http://flatheat177.ning.com/profiles/blogs/eu )




ヒラリー逃亡 !? 9.11 の真犯人
( ブッシュ & ハザールマフィア )
トランプ新大統領着任後、9.11 事件の再調査を行う、
ヒラリー逮捕に FBI と ペンタゴン、ロシアの情報機関
も協力して大量逮捕が始まるか?


 ヒラリー・クリントン( と 夫のビル )が、逃亡計画を練っていたことは、11月8日の米・大統領選の投票日前からアメリカの多くのブロガーたちの間で 「 噂 」 になっていた。 事実、彼女は、敗北宣言を述べた後、行方知れず。 大統領選に敗北することを覚悟して計画していた ─ すでに、約 1,900 億円の莫大な資金は、カタールに送金完了している。 他の資産は、ロスチャイルドのスイスの金融機関( タックスヘイブン )に預けてある。
 ヒラリーが、国務長官時代、アメリカの極秘情報を敵方に売り渡して巨額の報酬を得ていたことは、隠せない事実。
 ヒラリーもビルも、ロスチャイルドの犯罪組織のエージェントとして、アメリカだけでなく、ロシアの破壊にも手を染めていたスパイだった。
 FBI と ペンタゴン は、ヒラリー逮捕に本腰を入れている。
 ヒラリーが 逮捕されれば、夫のビルとともに終身刑は 免れないだろう。
 CIAとは、ある種の確執が生じている ─ CIA内部の愛国グループ VS 国際金融マフィアに操られたCIA
 
 トランプ氏は、ヒラリーとの公開ディベートで、 「 私が 大統領になったとき、あなた ( ヒラリー ) の悪事を暴くよう特任の捜査チーム設置して、必ず牢屋に入れるだろう 」 と言明。

 CIA は、組織の過去のオゾマシイ犯罪の数々を隠蔽したいから、ヒラリーの逃亡を助けるだけでなく、トランプ氏の暗殺さえ企てるだろう。
 トランプ氏の暗殺を防いで、9.11 事件の真相を暴き、ブッシュ一味を刑務所へ。

 電通の家宅捜索 ─ 電通が、スパイ(CIA)の温床になっている 国際金融マフィアの広告代理店
 広告を出す企業の表に出せない資金を海外に移すクライアント・サービスを組織的にやっていた!?

 フリーメーソンのモルモン教徒が誤謬に誘導 ─ モルモン教は、もろ CIA につながっている。
 

 「 ワシントンの新世界秩序 」 と、ロスチャイルドら( 背後に英国王室・ヨーロッパ諸侯貴族 )ユダヤ貴族による世界の私物化=グローバリズムをツールにして世界政府を樹立しようとする 「 世界支配層 ( 主軸は、国際金融マフィア ) の新世界秩序 ( NWO ) 」とは、似て 非なるものである。

 ワシントンの新世界秩序:アメリカという国家の国益を守るための世界秩序であり、新世界秩序 ( NWO ) は、国境を持たない人々 ( 主に ハザール・ユダヤ ) によって、その国の政府を次々と内部から破壊し、あらゆる資源( 金融資源、天然資源、労働資源、サイバー空間上のあらゆる資源、知的情報資源 )を略奪しようとしている多国籍企業&国際金融機関( = ハザール・マフィア ) が、名付けた奴隷化制度の 「 新世界秩序 ( 全人類家畜化計画 ) 」 である。
 世界支配層の民兵( 傭兵 )に過ぎない CIA 、それと連携している西側の情報機関は、国家を超越した国籍をもたない組織
 世界支配層( 主軸は、国際金融マフィア )の新世界秩序 ( NWO ) には、元来 国境という概念がない

 トランプ氏は、オバマ や ヒラリー と違って、戦争経済によって 支配層をますます豊かにするネオコンの従来の戦争ビジネスモデルが、アメリカを衰退に導いてきたことを遠回しに批判している。
 戦争 ( 増税 ) より、減税によって 中間層を復活させて、市場を活性化させることによって、アメリカ経済を立て直すことを有権者への公約に掲げている。


ネオコン( Neo-Conservative movement )
 キリスト教原理主義者、福音派をバックに付けた保守的な運動、アメリカ国内のキリスト教原理主義者。
 ネオコン運動( Neo-Conservative movement ) を展開している “ 敬虔なクリスチャン ” の特徴は、現代イスラエルが、聖書の預言の成就をみなければならない、という信念を通して、イスラエルを総合的に支援していこうという考え方が付随している。 ヨハネの黙示録の能動的成就によって、キリストの再臨を早めようとしている。 アメリカは、何が何でもイスラエルを支援し続けなければならない、と キリスト教原理主義者は 考えている。 ブッシュ政権のネオコンは、福音派を取り込んで 中東戦争を引き起こす宗教的根拠として利用してきた。
 ペンタゴンは、終末論をかざす大統領には、非常に警戒している。

 ( 参考:カレイドスコープ「 ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ 」 Sun.2016.11.13 )




10月サプライズ : 第三次世界大戦は、起きない、
パニックをあおるハザール・マフィアの逮捕間近!?


ベンジャミン・フルフォード 世界平和と豊かな生活が始まる!
2016年10月27日 JRPテレビ



 2016/10/28 に公開
 ウィキリークスが、ヒラリーのバックにいる「 ロスチャイルド 」とのメールのやりとりを暴露
 クリントン財団の多くの犯罪が、暴露されている
 アメリカ合衆国が、二重人格のようになっている
 大手マスコミの91%は、反トランプ、ネットの世論調査で87%トランプ支持、ヒラリー支持10%台
 ヒラリーの裏のグループが、( 不正選挙方法を駆使して )命をかけて大統領選を勝たせようとしている
 対抗して、アメリカ軍( ペンタゴン )と NSA・CIA の軍産複合体が、反ロスチャイルドに行動している
 ロスチャイルドが、中国政府にアメリカと戦争を始めるように仕掛けている
 ロスチャイルドが、中国に「日本を差し上げます」とオファーしている
 中国に覇権を渡しますから、ヒラリーを勝たせてくださいと工作している
 ( ロスチャイルド=ハザール・マフィア=ブラック・イルミナティ=グローバル・エリート )
 中国で第三次世界大戦を煽っている者たちは、ロスチャイルド、ハザール・マフィアの手先
 戦争屋( ロスチャイルド、ハザールマフィア )に騙されてはならない
 ( NSAによれば、現在命令系統変わった、安倍首相に命令しているのは、中国の習近平である )
 安倍首相と政府は、ハザール・マフィアの手下になっている
 日本の貯蓄( 国民・農林・郵便 )財産が、さらに盗まれる
 麻生太郎大臣が、日本の水道を全部、外国のハゲタカに売り渡すと言っている。
 とんでもない事、水道料金が、急に10倍高くなって、しかも、化学薬品が入れられるから、
 そんなことやる政府は、御免だと、言わなければならない。
 えせ警察が、ジャーナリストをいじめている - 殺人を調べない警察、上層部が腐っている
 犯罪をしているのは、安倍首相とバックにいるハザールマフィアである
 世界的にロスチャイルド、ハザール・マフィアを引きずり下ろすキャンペーンが始まっている
 ヒラリーは、ロスチャイルドと結託して大統領になるためのあらゆる手段を使っている
 日本のマスコミは、ヒラリーが 世論調査で有利、トランプは、悪い奴、ヒラリーが勝つと宣伝
 しているが、アメリカ国内では、トランプが イベントをやると大勢来る、
 ヒラリーの場合 本人出ない、ヒラリーのイベントに人が来ない、不人気。
 マスコミを操作しているのは、ハザール・マフィア(ブッシュ、ロスチャイルド、ロックフェラー)
 戦争を始めてはならない。
 グローバル・エリート( ハザール・マフィア、ユダヤ・マフィア:麻薬マフィア -
 麻薬を牛耳っている。 麻薬独占のために大麻を麻薬に入れた刑法は、ハザール・マフィアの工作 )




 2016/10/15 に公開
 ホワイト・ドラゴン会による特別番組



フルフォード 10/17,2016:ハザールマフィアの敗北が確実に見えている


2016/10/20 に公開(嗚呼、悲しいではないか!より抜粋)
核戦争の空脅しににもかかわらず、徒党の引きずり降ろしが続いているので、ヒラリー・クリントンは隠れている。
世界の出来事は明らかに今後数週間で、ある種の大きな転換点に向かっている。続いていることは世界権力支配を争う二大派閥が金融システムの支配、つまりは人類が将来やることを決定するプロセスの支配のための、生き残りをかけた戦いの最終ラウンドに入っていると言うことである。
一人の候補(ヒラリー)が脱落するので選挙はキャンセルになる。
米国内で権力闘争は荒れ狂っていることは明白である。
大統領オバマは辞任、
トランプは勝ち、彼は大量逮捕を始め、そして誰もそれを止めることはないだろう。
クリントン家に対する殺人訴訟の殺到が準備されており、この犯罪家族は、ブッシュ/ロックフェラー仲間と共に引き摺り下ろされると、CIA情報源は言っている。
クリントン家とその仲間のギャングは、選挙を中止させ、大量殺人に対する裁判と法罰を回避する口実としてEMP電磁パルス兵器攻撃を使おうとしていることは、ほぼ間違いが無い。 問題は、それをロシアの所為にするか、宇宙気候変動にするかを決めかねているようである。
牢獄を免れる為の意図的な大量殺人テロ事件を使うことはできないと、国防総省とその機関の情報源は認めている。
首相官邸に近い情報源は、まもなく始める戦争犯罪裁判の聴取のために米国へ送られる準備のために、300人のハザール暴徒とその手先が逮捕され、米軍基地に連れて行かれたと話している。




警報!! 第三次世界大戦勃発によって “ 大警告 ” 到来の時期が 間近にある!?
『 人類は、既に第三次世界大戦の真っ只中にいる 』



ヒラリーに核ボタンを押させようと画策する者たち

西側主流メディアは、米ロ大戦を煽る



 英国のタブロイド紙 「 エクスプレス 」 のオンライン・ニュースにアップされた記事の見出しは、
 「 ロシア政府は、市民に、自分の居場所から いちばん近い地下避難所の所在地を知っておくように 呼びかけている、核戦争は 目前に迫っている。 」

 2016年10月14日(金) の同紙の記事の見出しは、
 「 プーチンは 第三次世界大戦の準備をしているのか? ロシアは,4000万人の人々を避難させる大規模な訓練を始めた。 」

Is Putin preparing for WW3? Russia begins evacuation of FORTY MILLION PEOPLE in huge drill
PUBLISHED: 03:48, Fri, Oct 14, 2016 | UPDATED: 07:44, Fri, Oct 14, 2016


 米ロ核戦争に特化したスペシャルサイト 「 Emercom of Russia 」、時系列化された記事の見出しを追っていくだけでも現状の深刻さが伝わるだろう。

Emercom of Russia rogo.jpg


 現時点、10月分だけで20本以上のロシア緊急事態に関する記事がアップされています。 1日1本以上のペースで記事がアップされており、新聞などのプリント・メディア、そして、ネットニュースだけでなく、ロシアのテレビ局の報道番組でも、同様のことを報じています。 現実に、ロシア政府は、国民に米ロ核大戦の緊迫した状況を隠さず伝えています。

 ヒラリーが、大統領になった場合、彼女は、ロシアに対して第三次世界大戦を開始する決心をしていることが、 民主党全国委員会の汚職スキャンダル ※ 発覚によって明らかになってしまった。 ・・・ ヒラリーに核のボタンを押させようとしている人々は、地下の大深度に建設した快適なオフィスと住居で長い隠遁生活をエンジョイできる超富豪たち ( = ジョン・ゴールト ) です。

  民主党全国大会前夜に 19,000通以上のメールが ハッキングされ、ウィキリークスに公開されていることを民主党全国委員会(DNC)が認めた。

「 聖書の次に影響力のある小説 」 と言われている 『 アトラス・シュラッグド ( Atlas Shrugged:邦題 肩をすくめるアトラス ) 』 - パトロンのフィリップ・ロスチャイルドの指示によって、アイン・ランドの書いた『肩をすくめるアトラス』は、野放図で自由放任主義の資本主義を拡大するために、邪魔になるものをすべてを洗い流してしまおうと、スカンジナビアからインド、そしてラテンアメリカの福祉的な国家をことごとく破壊し尽す計画を書いた青図面のようなものです。 この小説の結末に、誰もいなくなったガレキの大平原に佇んで、「 せいせいした 」 とつぶやくジョン・ゴールトは、実在の人物をモデルにしている。
 国民のための政府を否定し、1%の人々が持っている富による力が支配する世界こそが望まれるべき世界だということになります。
 TPPに見られるような 「 国家の上に多国籍企業が君臨する世界 」 になってしまう。
 ティーパーティーという言葉は、1773年のボストン茶会事件( Boston Tea Party )から来ている、この言葉を現代に復活させたのが、共和党の下院議員、ロン・ポール氏。
アトラス・シュラッグド 』 は、ジョン・トッドの 「 Witchcraft and the Illuminati 」 の中にも登場し、いわゆる世間で言われているイルミナティ ( や シオニストユダヤの陰謀 ) の世界支配計画と少なからぬ関係があることは、否定できません。
 新世界秩序( NWO )は、壮大なカオスを生成するために、経済崩壊を同期させるだろう。
 グローバル・エリートは、米国経済を崩壊させてカオスを生成し、手の内を大衆に分らなくするだろう。

 西側のプロパガンダ・メディア( 西側の世界支配層、反政府ゲリラに支援する者 )
 シリアの主権を踏みつぶし、シリアに新世界秩序をインストールする際に、もっとも邪魔な存在アサドを打倒する目論みで反政府軍に交戦を煽っている西側の新世界秩序( NWO )による侵略。
 ロックフェラーの国連が、シリア戦争を 「 外国の資金によって支援された西側の代理戦争である 」 宣言しない
 シリアの主権を踏みつけ、シリアへの侵略を阻止しようとしているロシアに核攻撃を加えて、本気で第三次世界大戦を引き起こそうとしている 「 影の政府 」 こそがすべての元凶、 - 国連の実態。

 ( 参 考: Sat.2016.10.15 カレイドスコープ



 核による第三次世界大戦が始まる ─ 米国 イルミナティ・グローバル・エリートが仕掛ける

 2016年 7月27日、ポーランド訪問中のローマ教皇フランシスコ( 秘密結社 )が、「 第三次世界大戦が始まった 」 と発言。 フランシスコ教皇は、 「 利害・富・天然資源・人々の支配を巡る “ 本物の戦争 ” のこと 」と発言。

Pope Francis says the "world is at war" but religion is not to blame


 2016/07/27 に公開
 Pope Francis says the "world is at war" following a string of attacks, but that it is not a religious war. Report by Lydia Batham.

秘密結社、グローバル・エリート、全人類支配、世界統一主義者、新世界秩序 [ New World Order ]
  秘密結社:ルシファーを神とする悪魔崇拝者、イルミナティ、フリーメイソン、グローバル・エリート
  カトリック教会の頭( 上層部 )は、ルシファー( ヴァフォメット )を神とする悪魔崇拝者によるブラック・イルミナティの支配下にある。 偽教皇( 反キリスト側 ) とされる現ローマ教皇フランシスコ (イエズス会出身): イエズス会が進める 「 ルシファー・プロジェクト 」 ─ 実質的なヴァチカンの最高指導者( イエズス会元総長 黒い影の教皇 ピーター・ハンス・コルベンバック ) “ 闇の法王 ”と呼ばれる。
  ブラック・イルミナティの目的 は、「 世界宗教 」 と 「 世界政府 」の樹立、バチカンが 新世界秩序 ( NWO=ニュー・ワールド・オーダー ) の総本山であり、戦争によって、世界人口70億人を 35億人以下に削減する計画と、666のバーコードによる全世界人類支配計画を進めている。 これらの大戦と人類支配計画を裏で操っている張本人は、シオンの議定書( “ ユダヤの神 「 エホバ 」 【 エホバ と呼ぶのは誤りであり、 ヤハウエ 又は、 ヤーヴェ が正しい発音 ─ ここから、悪魔を神とする悪魔崇拝が始まった 】 から、選民されたユダヤ人のみが 人間であり 非ユダヤは すべて家畜( ゴイム )である ” とする教義 ( タルムード ) に基づき二千年に亘り蓄積したぼう大な資本力と謀略を駆使し、地上のあらゆる国家、機関、組織、フリーメイソン人脈を利用し尽し、双頭戦略とかくれみの戦術で世界支配と人類総奴隷化を完成しつつある見えざる帝国、国際主義 パリサイ( 派 )ユダヤの恐るべき謀議の記録&計画書 )を作ったとされるシオニストユダヤ人であり、かつて、イエズス・キリストを十字架に磔(はりつけ)刑へと訴えた、サンヒドリンの70人議会 ( 祭司24人、長老24人、律法学者22人 ) 祭司団の末裔にあたる本物のユダヤ人とされる:彼らは、バビロン捕囚によって、バビロンの邪宗教に影響を受け、旧約聖書の創造主なる神ではなく、カバラ、タルムード、ミドラシュ ゲマラ などによって歪曲され、ルシファー ( バフォメット ) 悪魔崇拝者となった。



 2016年 8月 - 独紙フランクフルター・アルゲマイネによって公表されたドイツ内務省の 「 民間防衛計画書 」 を取り上げて、ドイツ政府が 国民に国家的 “ 緊急事態 ” に備えるよう勧告していることを報じた。
 2016年 5月31日 - オバマ大統領が、ホワイトハウスの公式ページで 「 “ 緊急事態 ” に備えて、携帯電話に FEMA アプリ をインストールすること 」 を推奨した。
 2016年 8月31日 - ホワイトハウス公式ページに、国家の “ 非常事態 ” に対処するため、国民一人一人に備えをしておくよう 「 国家準備月間 2016 」 を宣言した。

<< 緊急事態・非常事態 」 とは、おそらく、核戦争による第三次世界大戦を想定 >>


August31-2016 The White House-1.jpg


 2016年9月29日 - ロシア・トゥディ が、ロシア緊急事態省( EMERCOM )の 「 モスクワの全市民を地下シェルターに避難させる準備がととのった 」 との声明を報じた。
 翌日 9月30日 - ロシア・トゥディ と プラウダは、英語圏向けに 「 モスクワは、米国が、核兵器使用の準備が済んでいることに留意し、その対応に備えている 」
 と、明確に核戦争の危機が迫っているとの警告を報道した。 この英語圏向けの記事は、自国民向けの警告とともに、米国民に向けて核戦争の脅威を喧伝する目的があり、ロシア国民に向けて、ロシア語で正確に伝えているロシアのメディアによれば、
 「 去年の暮、秘密結社の ローマ法王フランシスコ の言ったことを思い出してください。 『 今年( 2015年 )は、人類にとって最後のクリスマスになりそうだ 』 。 米ロの核戦争が現実味を帯びてきたのは、ロシア第二の都市、サンクトペテルブルクで 6月16〜17日の 2日間にわたって開かれた国際経済フォーラムで、プーチン大統領が、数ヵ国の報道機関の代表を招いて行ったスピーチで話したことが、一部の人々に衝撃をともなって伝わっています。 
 プーチン大統領は、このスピーチの冒頭で、
『 ここに座っている私たちは 全員が大人で、さらに経験豊富なプロです。 しかし、私は、あなた方が私の言葉を正確に報道することすら期待していません。 ( ましてや ) あなた方が、ご自分の報道局に影響を与えようとすることすら期待していません。 私は、単に個人レベルで、あなた方にお伝えしたいだけなのです。』
 そして、彼は 大きく溜息をつきました。 この溜息は、
 『 ロシアとロシアの同盟国は、米国が 仕掛ける第三次世界大戦から自国を防衛するために専念しなければならない段階まで来てしまった 』
 と、サジを投げたプーチン大統領のあきらめの気持ち と 悟りから出てきたのです。 その模様は、クレムリンの 公式ホームページ にアップロードされている動画によって確認することができます。 」

Putin's Warning: Full Speech 2016 世界的危機を警告するプーチンのスピーチ:日本語訳 You Tube
kremlin.ru-news-52183-日本語訳.jpg


Vladimir Putin had a meeting with heads of leading international news agencies. :オリジナル
June 17, 2016 23:55 St Petersburg
kremlin.ru-news-52183.jpg


 2015年9月 - 第70回国連総会が開かれたとき、オバマ大統領は、ISIS が、イスラエルと米国 ( 英国、フランス、湾岸同盟国 ) が作ったテロ組織であり、ISIS 司令官のサイモン・エリオットが ユダヤ人でモサド( イスラエル )の工作員であることが 世界的に暴露されたにもかかわらず、国連で、シリアのアサド政権打倒を国際社会に訴えました。

 2016年10月 4日 - ワシントンのプロパガンダ・メディア FOX ニュースは、ロシア外務省が、以下のような声明を出したことを報道した。 By Lucas Tomlinson Published October 04, 2016 FoxNews.com
 『 シリアのアサド大統領を追い出す目的のために、米国は、歴史の道筋を引き戻そうとするかのように、非情なテロリストと同盟を組み、テロリストたちを再び放とうとしている 』

 2016年10月 1日 - グローバル・リサーチ [ Global Research ] 、
 By Kurt Nimmo Global Research, October 01, 2016 - Another Day in the Empire 30 September 2016
 『 米国は、まもなくテロリストが ロシアの都市を攻撃するであろう と、ロシアに通達した。 なんと、そのテロリストは、米国と同盟関係を結んでいる 』 という記事を掲載。 U.S. State Department Threatens to Send Islamic Terrorists into Russia:米国務省は、ロシアにイスラムのテロリストを送ると恫喝した。

 【 国務省のスポークスマン ジョン・カービー は、「 シリアの急進的なサラフィスト ( Salafist ) のテロリストが ロシアの都市を明日にでも攻撃するかもしれない 」 と、先週の水曜日にロシアに警告( 恫喝 )しました。

「 過激派グループは、彼らの活動を拡大するためにシリアにある空白地帯を食いつくし続けている。 それは、ロシアの利害に対する攻撃をも含んでいる。 おそらく、ロシアの都市でさえも。 結果、ロシアは、ロシア兵を遺体袋に入れてシリアから帰還させることになるだろう。 そして、ロシアは、重要な戦力、そう航空爆撃機さえ、失い続けるだろう 」 と ジョン・カービー は言います。

 シリアの領土に入り込んでいる 「 過激派グループ 」 は、米国とその同盟国である湾岸の首長国のパートナーよって支援されているので、カービー のこのコメントは、米・国務省が、ロシアを恫喝していると、解釈する以外にないのです。 】


 ( カート・ニモー [ Kurt Nimmo ] - by グローバル・リサーチ [ Global Research ]
 「 米国は、まもなくテロリストが ロシアの都市を攻撃するであろうとロシアに通達した。 なんと、そのテロリストは 米国と同盟関係を結んでいる 」 ─ 抜粋 ─ )


  シリアが 世界大戦の発火点になる
  米国は、ロシアを挑発して世界大戦を引き起こそうとしている
  米国務省は、ロシア国内でテロによる攻撃を実行に移そうとしている
  戦争の準備のためにアラスカへ飛んでいるコロラドスプリングス(基地)の F-35

 ※注:ワシントン と オバマ大統領の背後にいるグローバリストは、今まで彼らのアジェンダを隠してきましたが、主権国家であるシリアにまったく事実に反する難癖をつけ、その同盟国のロシアまで テロによって 脅迫するようになったことは、事実上、米国のグローバリストは、シリア と ロシア に対して宣戦布告したことになる。
 地中海深く潜航し、シリアに近づいた米国原子力潜水艦から、シリアに向けて発射されたミサイルに、たとえ、核弾頭が搭載されていなくても、地上に放たれた ISIS によって起爆させられた核爆弾を それと誤認して、米国の同盟国に核を使った報復攻撃を行わなければならなくなる事態が起きるとき、「 核先制不使用 」 を国際社会に対して約束したオバマ大統領の米国は、確かに核を使わないので、
 「 それは、あいつらだ、ISIS( 米国の飼犬 ) が、シリアの領土内で爆発させた核爆弾だ 」
 と言って、米国は、永遠にシラを切るだろう。

 ( 参考: カレイドスコープ Tue.2016.10.11 「 世界大戦が迫っていることを西側メディアに訴えるプーチン 」 )



続きを読む >>

| 1/3PAGES | >>

最近の記事

categories

recent comment

  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    baramado (05/31)
  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    GIMONari (04/12)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    baramado (07/09)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    ベルナデッタ京藤洋子 (07/01)

links

profile

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM