WikiLeaks の 「Vault 7」:ワールド・トレード・センター・コンプレックス ( 1〜7 WTC ) 7つのビルの崩壊と謎が完全に解明されたとき世界激変

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 ( 空の下を支配している堕天使ルシファーからの預言であれば、現実に起きる事象を預言通りコントロールすることができるからです。 こうして、偽預言を真実の預言に変えて、人類を悪魔側に惑わします。 ) なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると判断されるからです。 まず、祈りの初めか 終わりに、「 十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。 」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「 十字軍の祈り 」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が 既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。

 追記、預言に留まっては、なりません。 預言は、人類の今ある状態で、変わるものだからです。 悪魔が備えた自滅の道を歩まず、平和と繁栄を模索し、お互い共生していく道に祈りと共に能動的にシフトして行くことです。

 2017年1月1日現在、『 大警告 』 は、到来していません。 株の大暴落、通貨金融危機、核による第三次世界大戦も未然に防がれました。 2016年末に到来するだろうとされたいくつかの預言を信じていた人々へ、回心し、預言に縛られないようにしてください。 もしも、聖書巻末に記録された 「 ヨハネの黙示録 」 が、本当は、最初から改竄されていたとしたら、別の誰かによって、原書発見の翻訳時に改竄され、「 666 」 の数字も獣も龍も悪魔崇拝をしているブラック・イルミナティ、シオニストユダヤ人の脚本( 筋書き )で、キリスト教徒の信仰に擦り込みを施すものだとしたら、人類の歴史を陰で、操作する道しるべ だとしたら、彼らシオニストユダヤ人が、是が非でも、「 ハルマゲドン 」 を、ハザール・マフィア、ブラック・イルミナティを使って成就させようと、計画しているのだとしたら、それは、「 神の御旨 」 ではありません。 必ず人類が、人種を超えてお互い協力し、この謀略を阻止しなければなりません。 イスラエル国家を仲間外れにして、核ミサイルのボタンを押させ、「 ハルマゲドン 」 を引き起こさせようとする悪魔の計画を止めさせなければなりません。 中東全体を平和に導くことが何より大切です。




緊張する米朝と日本【ネット TV ニュース.報道】
国家非常事態対策委員会 2017/04/21


 2017/04/20 に公開
 ベンジャミン・フルフォード
 偽報道に騙されるな、原子力空母カールビンソンの現在位置は、インドネシア沖。
 北朝鮮に向かっていないと、アメリカ合衆国軍の正式発表、また、北朝鮮とは、戦争しない。
 ハザール・マフィアの崩壊、偽プロパガンダ工作と報道をしているひとと組織を今後逮捕する。
 第三者が、戦争を引き起こそうと画策している。 第三次世界大戦を引き起こさせない。
 犯人が姿を見せていない:バラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョン・ケリー元国務長官、
 ・・・パージされている。




北朝鮮が日本に核兵器を使って脅してきている問題の裏に潜むハザール・
マフィアの工作【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/04/13


 2017/04/13 に公開
 ベンジャミン・フルフォード Paypal 口座凍結につき、ご支援のお願い
 ハザール・マフィアの工作



日本から流れる毎年200兆円の金が止まれば世界は変わる
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/04/13


 2017/04/13 に公開
 ベンジャミン・フルフォード Paypal 口座凍結につき、ご支援のお願い



マレーシアで殺害された男は替え玉だったのか?
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会
2017/03/02


2017/03/02 に公開
 朝鮮半島統一、ロスチャイルドが、仕掛け人、G7仕切り直し


賄賂をもらって水道をフランスに売り飛ばす麻生太郎
【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会
2017/02/27


 2017/02/26 に公開
 麻生太郎が、賄賂をもらって、高知の公共水資源をラファール氏と言うフランスのセメント会社に売り渡した。
 その会社の顧問に、フランスのロスチャイルド、ヒラリー・クリントン、悪魔教のトップ ルイス・アイゼンバーグ。 外国マフィアが、水を支配することを許してはいけない。
 皇太子が、日本の浄化を始める。 売国奴連中をパージする。 
 森友不動産疑惑の賄賂を暴露:安倍総理、麻生財務相、ついに失脚する時、
 汚職天国の日本政治を警察・検察・法関係者が、正義を行使しないなら、革命で浄化か?



 検察は、いい加減に動かないと国際社会から糾弾されるだろう



追加要点:WTC第7ビルの秘密の地下 と ウィキリークス 「 Vault 7 」
各国の中央銀行による 「 米・英・仏 からの金の奪還 」


 侵略戦争によって世界中の金 ( ゴールド ) を集めてきた米国の 「 影の政府 = 7th floor group 」 。
 現在、その莫大な金は米国内には「ない」と言われています。 ネオコンの焦りは、頂点に達し、子飼いのCIAを使って、何かを企てようと謀略を巡らしています。

 ナチュラル・ニュースが 「 CIAが 何か大きなことをやらかそうとしている 」 と警告

米国の代表的なオルタナティブ ( 既存のものに取ってかわる新しいもの ) ・メディア ナチュラル・ニュース ( Natural News ) が、2月22日、google のブラックリストに登録され、次々と google のインデックスから取り外されています。 取り外しの対象は、ワクチン、遺伝子組み換え食品の危険性を訴えた記事、製薬業界の腐敗、CO2地球温暖化などの偽科学暴露記事、約14万ページに及ぶインデックスが表示されなくなった。 この件について、ナチュラル・ニュースの主宰者 マイク・アダムス氏は、

 「 googleが、自分と INFOWARS のアレックス・ジョーンズ氏 を引きずり下ろそうとするのは、CIA が何か大きなことをやらかそうとしているからだ。 トランプ大統領は、用心すべきだ 」

 と訴えています。

「Vault 7」についてもっとも真相に近いとされているスレッド と
9.11の時、ペンタゴンに突っ込んだとされる航空機、
実は、証券詐欺を調査していた部署を狙った内部からの爆破


 1,200億ドルの ブレディー債 の消失 ─ 9.11 直後から多くの事情通によって取り沙汰され、議論された。 トム・フロッコ( Tom Flocco )氏が残した膨大なファイル 「 Financial terrorism towers over 9/11 」 によると、 「 1991年9月12日の債務不履行と未認可の金担保債務証書類 ( unauthorized gold-backed debt instruments ) が、10年物のブレディー債券の購入に充てられていた 」 とのこと。 このファイルに関係者の名前が列挙されており、{ ニコラス・ブレディ( Nicholas F. Brady )、事件当時、FRB議長だったアラン・グリーンスパン、パパブッシュ と 子ブッシュの二人、当時のニューヨーク市長だったルドルフ・ジュリアーニ、英国女王 } まで登場してくる。 この件を調査していたのが、ペンタゴン内部の海軍情報局( Office of Naval Intelligence:ONI ) で、不正なブレディー債購入の明らかな証拠は、この軍事調査資料のファイルからリークされたものだった訳です。 「 ペンタゴンに突っ込んだとされる航空機は、この ONI の部署を直撃した 」 ─ 実際には、航空機は、ペンタゴンに突っ込んではおらず、何者かによって内部から爆破されたというのが、今では真相となっている。

 「ネオコン」とは、「保守」という衣に身を包むことによって
 本当の姿を隠している「世界政府主義者=グローバリスト」であり
 世界政府主義=新世界秩序(NWO)
 実は、共産主義を信奉する「トロツキー主義者」


 ネオコンのルーツは、1940年代のトロツキズム( トロツキー主義 ) を信奉していたマルキシスト( マルクス主義者 )。 当時のネオコンの主要メンバーのほとんとがユダヤ人。 現在でもネオコンの中枢を牛耳り、本質的に、神を信じない、無神論的悪魔崇拝主義者、反ロシア主義者たちです。 彼らは、帝政ロシア時代のロマノフ王朝の頃から迫害を受けてきたユダヤ人で、1940年頃、命がけで米国に亡命したため、ロシアに対して積年の恨みを抱いている。 彼らは、今でも反ロシアです。

WikiLeaks は、エドワード・スノーデン氏 と ジュリアン・アサンジ氏
の身柄をネオコン側に引き渡す動きを封じるために「 Vault 7 」を掲載


 トランプ大統領は、 9.11 の真相についてスノーデン氏が、トランプ政権に暴露してくれることを期待している。 それこそ、ネオコンが企んでいる 核戦争による第三次世界大戦 を防ぐことになるからです。

 ネオコンの突出した部分が、ワシントンD.C.のハリー・S・トルーマン・ビルの7階で定期的に会合を開いている影の政府「7th floor group」。 トルーマン大統領が、世界的秘密結社フリーメーソンの最高位の幹部だったことは、事実です。 トルーマン政権下で商務長官を務め、アメリカ対日協議会のスポンサーだったウィリアム・アヴェレル・ハリマンは、イェール大学内の秘密結社 スカル・アンド・ボーンズのメンバーだったことも事実です。 かつて、セオドア・ルーズベルト大統領が、「 泥棒男爵 」と言い、公共の敵だとレッテルを貼った 米国の鉄道王 エドワード・ヘンリー・ハリマンの息子が、ウィリアム・アヴェレル・ハリマンです。 「 優生学 」は、このウィリアム・アヴェレル・ハリマンの極端な人種差別思想から出てきたものです。


誰も解明しない WTC 第7ビルの垂直崩壊の謎と
WTC第4ビル地下の金(ゴールド) と WTC第6ビル地下の財宝の数々


 WTC第7ビルは、ツインタワーに航空機が 突っ込んでから 8時間後に、垂直落下するように崩落した。 下層階では、火災が起きていましたが、なぜ無傷の上層階まで、崩れるように粉々になって倒壊したのか? 建築構造の専門家が、あらゆる可能性を考えて、WTC第7ビルの崩落のような現象が起こるのかどうかを シミュレーション したものによれば、結果は、「 起こりえない 」。
 ニューヨークタイムズの2001年11月1日付の記事:「 苦難の国家:貯蔵所( 保管庫 );爆心地の真下の銀と金 」の見出しによる仮説。
 9.11テロの最大の疑惑は、WTC第7ビル( 別名:ソロモン・ブラザーズ・ビルディング ) のあり得ない崩壊 と、1200億ドルのブレディー債の消失 と、その他に何が隠されていたのかという謎。
 2016年7月1日付の英国の日刊タブロイド紙 「 SUN 」 が核心に迫る記事を掲載 ─ 「 ツインタワーのカメラマンは、9.11 テロの背後にジョージ W ブッシュ政権の策動があったという証拠を握っているという 」 記事で、─
 「 ツインタワーのカメラマン 」 とは、航空機が ツインタワーに激突した直後、瓦礫と粉塵舞うワールド・トレード・センターの複合施設敷地内に自由に立ち入りできる許可を与えられた合衆国連邦緊急事態管理庁( FEMA )の職員だった男です。 現在、闇の勢力に命を狙われている彼、カート・ソネンフェルド氏が、ワールド・トレード・センターの複合施設の地下で目撃したことは、ブッシュ政権が、 9.11テロを主導した動かぬ証拠である と主張している。

 ケンタッキー州のフォートノックス陸軍基地内にある
 堅固な金塊保管庫から消えた 660億ドル相当の金塊 は、どこに行ったのか?
 日本政府が 半ば強制的に フォートノックスに
 預けさせられている760トンの金は、果たして無事なのか?
 世界中の金は、第二次世界大戦の戦勝国 { 米国、英国、フランス } の 3ヶ国に集められている。
 2014年3月、ウクライナのボルィースピリ国際空港に着陸した国籍不明の大型輸送機が、ウクライナ政府が 保有する金塊40トンのうち 33トンを積載して飛び立った事が明確となったが、その金塊は、行方不明。



 チューリヒ・ロスチャイルド銀行の設立に参加した“ 金の教皇 ( Pope of God ) ” の異名をとるフェルディナンド・リップス ( Ferdinand Lips ) が言った言葉、 ─ 彼は 自著『 Gold Wars ( 邦題 「 いまなぜ金復活なのか ― やがてドルも円も紙屑になる 」) 』 の中で、 「 すでに金の戦争は 2002年に決着し、われわれ、すなわち、ロスチャイルドは この戦争に勝利した 」 ・・・
・・・ エリザベス女王が、去年の 4月、国営 イングランド銀行の 秘密の地下金庫 ( Vault )を視察。 この地下金庫には、2480億ドル相当の金塊が保管されている。 金(ゴールド)は、世界のすべての国が世界銀行と国際通貨基金( IMF )によって管理されることに同意することによって得られる信用 −「 Global Debt Facility 」 によって所有することが認められる 金( ゴールド )は、通貨と為替の安定という名目でロスチャイルド機関に人質にとられている。

トランプ大統領が、9.11 の真相究明を進めれば進めるほど、米国ネオコンの世界的ネットワーク と 影の政府 の強大な超権力と衝突することになる。

( 参考:カレイドスコープ「 WTC第7ビルの秘密の地下とウィキリークス「Vault 7」(2と3) 」



ワールド・トレード・センター・コンプレックス ( 1〜7 WTC ) 7つのビルの崩壊

ワールド・トレード・センター ( WTC ) ツインタワー 垂直崩壊の真相



 WikiLeaksが、2月4日から2月9日まで、「 Vault7 」 という不可解なツイートを連投しました。

 「What」、「Where」、「When」、「Who」、「Why」、「How」 - 5W1H

 奇妙で暗示的な6つのツイートで「絵」が完成します。


1番目のツイート ( 2月4日 )「 What is #Vault7? 」 からは、

 「 貯蔵 」「 保管 」のキーワードが抽出 ⇒ 銀行の地下金庫( アメリカ合衆国の金塊が )

2番目の「 Where is #Vault7? 」 からは、
 「 地下 」「 金 ( ゴールド ) 」「 没収 」のキーワードが抽出 ⇒ ( 何処の地下に金塊が盗難! )

3番目の「 When is #Vault7? 」からは、
 「 119 」のキーワードが抽出 ⇒「 When? 」ですから「 9.11 」テロ事件。

4番目の「 Who is #Vault7? 」 からは、
 「 国家の裏切り者 」のキーワードが抽出 ⇒ ( 影の政府 」=「 7th floor group =窃盗犯組織? )
 ワシントン D.C. ハリー・S・トルーマン・ビル 7階 定期的に会合を開催 - 影の政府「 7th floor group 」

 ブラッドリー・マニング、ジュリアン・アサンジ、エドワード・スノーデンの3人は、告発者であり、これから出て来る 「 影の政府 」 にとっての 「 裏切り者 」 であることに注意してください。
 影の政府 」= 「 shadow government or permanent government とは、ホワイトハウスの上に君臨している無国籍の政府のことです。 2016年現在、ワシントンD.C.の内側に実在しており、FBIの公式文書に記されているの 7th floor group のことです。

5番目の「 Why is #Vault7? 」 からは、
 「 Vault door 」「 溶接 」のキーワードが抽出 ⇒ ? (ドアを溶接する?盗んだ関係者を閉じ込める?)

6番目の「 How did #Vault7 make its way to WikiLeaks? 」 からは、
 「 監視 」「 秘密警察 」のキーワードが抽出 ⇒ ( Vault7 ( 金塊を盗んだ犯人? )を監視対象 )

 このツイートは、「 いったい、どういうことから、Vault7 が WikiLeaks の関心・調査対象となったのか 」といったニュアンスを残しています。


 ウィキリークスの謎の一連のツイートの解明について、ゼロヘッジの記事の掲示板では、「 金 ( ゴールド ) 」が 議論されています。 すべては、9.11 事件のワールド・トレード・センター 第7ビルの 1WTC と 2WTC 垂直崩壊にさかのぼります。 なぜ、トランプ政権が、軍事政権でなければならないのか、なぜ、政権の要職にゴールドマン・サックス卒業生を就ける必要があったのか、その謎が解明されます。

 << 「 噂 」 では、ワールド・トレード・センタービルの地下にあった金庫に合衆国のほとんどの金塊が保管されていたが、9.11事件と共に盗まれた。 ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレー・ディーンウィッター証券の社員は、内部で事前にテロを知っていたため無事だった。 ゴールドマン・サックスを創設したのは、ドイツ出身のユダヤ人のマーカス・ゴールドマン氏。 1848年にドイツからゴールドマン家が移住、サックス家もドイツから移住したユダヤ人。 ゴールドマン・サックスのルーツは、ゴールドマン家、サックス家、ワインバーグ家の3つの家族に集約される。 マーカス・ゴールドマンと妻バーサ・ゴールドマンには、レベッカ、ジュリアス、ヘンリー、ローザ、ルイーザ の子供5人。 ジョーゼフ・サックスと妻ソフィア・ベアにも、ジュリアス、サム(サミュエル)、エミリア、ハリー、バーニーの子供5人。 ゴールドマン家のローザは、サックス家のジュリアスと、同様に ルイーザは、サム(サミュエル)と、両家は姻戚関係。 マーカス・ゴールドマン氏は、娘ルイーザの夫で義理の息子サム(サミュエル)・サックスを招き入れ、社名を M・ゴールドマン・アンド・サックスに変更。 義理の息子サムの両親 ジョーゼフ・サックスと妻ソフィア・ベアが、バヴァリア出身のドイツ系アメリカ人、サム(サミュエル)・サックスの参加により事実上のゴールドマン・サックスが開始された。 サム・サックスは、リーマン・ブラザーズの銀行部門のフィリップ・リーマンとは、旧知の仲だった。 リーマン家は、19世紀にバヴァリアからアメリカへ渡っている。 バヴァリアは、ロスチャイルドが 1776年に設立( 資金提供した )のバーヴァリアン・イルミナティの本拠地。 公式には アダム・ヴァイスハウプト氏が 代表となり、戦争、革命、独立運動、事件の操作に関与していた。 フランス革命、アメリカ合衆国独立など。 ロスチャイルドが操るゴールドマン・サックスは、自らの要求に合うように政府方針を決定づける影の政府の役割で、その主な方法とは、子飼いの人物を政府の主要な財政担当職に指名させていた。 >>

「Vault 7」の謎が完全に解明されたとき世界は激変する
─ 世界規模の陰謀集団との高度な神経戦 ─


 ワールドトレードセンター( 英語: World Trade Center, WTC )は、かつてアメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタン区のローワー・マンハッタン( マンハッタンの南端 )に位置していた商業施設である。 ロックフェラー一族が掲げる理想 「 World Peace through Trade 」( 貿易を通じての世界平和 ) から命名された。 日本語での訳語は、「 世界貿易センター 」。
 2001年9月11日 ( テロ事件による ) コンプレックスは、1WTC から 7WTC までの 7つのビルによって構成されたが、特にその中心であったツインタワー ( 1WTC と 2WTC ) は、完成時に世界一の高さ、2棟の巨大な直方体が並び立つ姿は、ニューヨーク市やマンハッタンのシンボルとなっていた。 日本で単にワールドトレードセンタービルといえばこのツインタワーのことを指した。
 2001年9月11日の 9/11 テロ ( アメリカ同時多発テロ事件 ) によって崩壊して以降は、「 グラウンド・ゼロ 」 又は、 「 ワールドトレードセンターサイト( 跡地 ) 」 という呼び名が定着している。
 現在は、1 ワールドトレードセンターを中心とした新ワールドトレードセンターがある。
 2001年 9月11日の午前、イスラム系国際テロ組織アルカイダ実行犯が ハイジャックした民間航空機二機が両タワーに次々に自爆突撃をした。 テロリスト含む乗員・乗客・テナント・消防・警察など、あわせて2749人もの死亡者を出す惨事となり、ワールドトレードセンターは崩壊した。

 WTC建造物への被害は以下のとおり:
 1WTC:ノースタワー(110階) → 95階にアメリカン航空11便(ボーイング767-200 N334AA)が直撃、完全崩壊
 2WTC:サウスタワー(110階) → 81階にユナイテッド航空175便(ボーイング767-200 N612UA)が直撃、完全崩壊
 3WTC:マリオットホテル(22階) → 2WTC崩壊により半壊、1WTC崩壊でほぼ全壊
 4WTC:オフィスビル(9階) → 2WTC崩壊によりほぼ全壊
 5WTC:オフィスビル(9階) → 9階から3階まで両タワー崩壊によりほぼ全壊
 6WTC:合衆国関税局 / 先物取引場(7階) → 両タワー崩壊によりほぼ全壊
 7WTC:オフィスビル(47階) → テロ発生8時間後、12階部分の火災と両タワーの瓦礫により、12階の79番目の支柱が損壊したことにより、完全崩壊

 「 World News Daily Report 」 フェイクニュースで有名なサイトの 2015年10月18日 の記事です。
 「 トランプ氏が 9.11 の再調査を命じた 」 というニュースは、このイスラエルのシオン主義のニュース・サイトから発信され、その直後、いくつかの中堅メディアに波及しました。

 この事は、トランプ氏に加担しすぎるとかどうとかの、低次元の問題ではなく、核戦争による第三次世界大戦によって、世界が崩壊するか どうか の危機が 迫っていることから、地球生命体の保護 と 世界平和のためにひとまず トランプ氏を応援すべきだ、と言う事です。

世界が崩壊するかどうか危機が迫っている


 ( 参考:ウキペディア、カレイドスコープ:WTC第7ビルの秘密の地下とウィキリークス「Vault 7」





| 1/46PAGES | >>

最近の記事

categories

recent comment

  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    baramado (05/31)
  • 新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所 “ 一致 ” の名の下に 「 奉献の時、立って拝む ( 跪き禁止 ) 」 :事実上、悪魔崇拝のブラック・イルミナティの支配下、偽教皇・反キリスト側に堕ちた日本のカトリック教会
    GIMONari (04/12)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    baramado (07/09)
  • 核による第三次世界大戦を始めるため米国務省&オバマ大統領は、ロシア国内で同盟関係にあるISISの部隊を使って、テロによる攻撃を実行に移そうと画策している
    ベルナデッタ京藤洋子 (07/01)

links

profile

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM